Ki-yan Blog

カテゴリー:壁画制作

Ki-Yan WORKS〈次回作のために!〉

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2017.01.03

HAPPY NEW YEAR!!!
明けましておめでとうございます!
今年も、木村先生について、全国の壁に描きまくるぞー!
と、その前に。。
沢山の非公開作品で埋まったスタジオの片隅で。。
何やら怪しげな舞が。


よく見ると。。
あ!スケッチだ!!
そう、これらは全て、次回作のためのスケッチ。
「手をこう、上げて」


「こんな感じに描けたで」
「じゃあ、次こんなの、どうでしょう?」

「うう、苦しい!」

沢山のスケッチが出来上がり、次回作の準備は万端!
制作リポートも、乞うご期待です!^ ^
2017年も、キーヤンワールド全開で、駆け抜けます!

Ki-Yan WORKS【京都 伏見 介護施設 トイレ便器】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.12.29

介護施設のリニューアルに伴い、2ヶ所のトイレ便器と洗面器に、描きました。
抗菌加工された便器には、特殊な陶器用塗料を使用します。
   
水で消す事の出来る青マジックで、下描きをします。
    
    
金も、二液性の塗料で仕上げます。
    
    
 
便座の外側にも、描きます。
   
塗料の匂いと戦いながら、コツコツと作業を進めています。    
色が入ると、便器とは思えない物体になってきました^^;
    
塗料にも光沢があり、面白い仕上がりになりそうです!
 
ゲロ。
   
 
スーイスイ。
   
 
華やかな手洗い器。
   
    
    
目に色が入り、完成間近です。
    
    
    
    
影も入り、完成しました!!
    
内田 万平さんに、写真を撮って頂きました!
    
 
どこにも無い、オリジナル便器と洗面器が仕上がりました!!
   
   
設置後の写真を、オーナーから頂きました!
トイレに行くのが、楽しくなりそうな空間となりました^ ^
初めての試みでしたが、素晴らしい仕上がりとなり、また、新たな素材に描ける事を知れて、今後に繋がりそうです!

Ki-Yan WORKS【和サブローの世界】ディネとシャンソンコンサート

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.12.22

先日、12月20日(火)に、『リーガロイヤルホテル 京都』にて行われた、ディネとシャンソンコンサート『ワサブローの世界』の衣装を、ご紹介します。
 夷川スタジオにて、衣装にモチーフの当たりを取っていきます。  
    
ジャケット、パンツ共に、椿の柄を入れます。
    
染料で、丁寧に塗り重ねていきます。
 
ジャーン!!!
   
完成!!
和サブローさんに、実際着て頂き、華やかな舞台衣装に仕上がりました^ ^
  
コンサート当日は、会場入り口には、木村先生の四季屏風が、ズラリと並びました!!
    
 
生まれ変わった、リーガロイヤルホテル 京都の廊下が、華やかな空間となりました!
コンサートも、大成功と聞き、嬉しい限りです^ ^

Ki-Yan WORKS【来年の年始から始まる現場視察】滋賀県 南彦根

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.12.15

先日、2017年の年始に始まります、壁画製作の現場に行って来ました。
年始早々に、大作となる予定で、建築会社と足場設置などの打ち合わせです。
   
 
本社の移転に伴い、正面玄関の壁面に描く予定です。
そ、それにしても、広い玄関です!!
 こちらの壁面と、
   
アーチ型の白い壁面と、
  
階段踊り場付近までの壁面です!!
    
   
社内は、本当に広々とした空間で、これから、色々搬入されて、会社らしくなっていきます。
今から、製作に入るのが、楽しみです^ ^

Ki-Yan WORKS 【京都府八幡市・応接間壁画製作】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.12.08

お客様のご自宅にある応接間に、36匹の鯉が泳ぎ始めました!
大きな漆喰の白壁に、下描きを開始しました。   
    
どんどん作業が、進んでいます。
 
絵画教室に通っておられる奥様にも、色塗りをお手伝いして頂きました^ ^
  
真剣に、塗り進めて頂きました!
  
娘様にも、お手伝いして頂きました!!
   
    
2日目の作業が、終了しました。
既に、迫力があります!!
 
玄関から、応接間を見た感じです。
   
    
   
完成まで、あと少し、、
   
 
戊亥の方角に、36匹の鯉が泳ぎ始めました!!
   
重厚感のある漆喰の白壁に、華やかかつダイナミックな鯉が加わりました。
 
施主夫妻と木村夫妻が、作業終了後に記念撮影しました。
  
素晴らしい応接間の完成です!!
  
最後は、全員でパシャリ!!
皆様にも、気に行って頂き、今回も素晴らしい作品が完成しました。

Ki-Yan WORKS【進行中の金屏風】Xmas屏風

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.12.01

今回は、現在進行中の金屏風を、ご紹介致します。
   
六曲一双の大作に、取り掛かりました!!    
様々な色で、縁取りしていきます。
 
何だか、楽しい作品になりそうな予感。。
   
どんどん、
 
どんどん、
   
色が、入っていきます。
    
 まだまだ、作業途中ですが、完成がとても楽しみです^ ^。
もうしばらく、完成までお待ち下さいませ!
皆様にも、見て頂く機会がありますので、後日ご報告致します。

Ki-Yan WORKS〈滋賀県 南草津 大黒堂ギャラリー〉

投稿者:

カテゴリー:壁画制作

2016.11.29

こんばんは!
キリッと冷える朝もあれば、やんわりと寒さが和らぐ朝もあり、本当に冬が来るの?という京都市内。
北海道の壁画も記憶に新しいですが、間髪入れずに、すぐに新しい現場へと向かう木村先生。
今回の現場は。。

こちら!
滋賀県は南草津駅近くの、大黒堂ギャラリーさま。
既に鯉の金屏風をコレクションされているという、筋金入りのキーヤンファンです。
先生、どこに描くんでしょう。

「ここやで」
え?

ガラス戸!!!
そう、今回は、ギャラリーの”顔”を描きに来たのです。

何もないように見えますが、マーカーでスラスラ、空に下書き。

カエルちゃんと蓮が現れました!
(後ろのお家の屋根に合わせて、巨大カエルの襲来!風に撮影してみました^ ^)

表から裏から、どんどん縁取りをして、色を入れていきます。

分厚く頑丈なガラス板は、覗き込むように見てみると、表裏にしっかり描いていることがよくわかります。

オーナーが大好きなカエルちゃん。
にっこり笑って、お客様を沢山呼んでくれますように。
夕方、外が暗くなると、中の光が、温かく、外へ漏れだします。

影もこんなに美しい!
そして。。
外から
中から

“Lucky Frogs” 完成ーーーーーー!!!
爽やかで上品にまとめられた、ギャラリーにふさわしい作品になりました!
オーナー「もう作品置くのんやめて、中に椅子だけ並べて、このカエル眺めときたい。。」
(ギャラリーちゃうんかーーーーい!)と、思わず突っ込みそうになりましたが、そんな発言が飛び出すほど、お気に召して頂けたようです!笑
更に、このガラス戸絵(超強化ガラス)を守るため、当初予定していなかったシャッターを取り付けるなど、かなり作品なり気を使っていただいて、こんなに作品を、愛していただけるなんて、仕事冥利に尽きるなぁと感動致しました。ありがとうございます!
最後にみんなで記念撮影。

先生、今回もお疲れ様でした!
【おまけ】
ちなみにこの集合写真を撮影して頂いたのは、

なんと、この先週に壁画を仕上げたばかりの、”北海道 旭川 マルワ整体院”の若松院長!


奇跡のタイミングで、関西へいらしていたのでした。。ご縁を感じます!
大黒堂オーナーと、壁画オーナー同士、壁画オーナーあるあるで盛上がられておられました。(急にセキュリティが気になりだす、本当は誰にも見せたくない、など。笑)
描く側からとして、とても斬新な意見ばかりでした。オーナーズサミット、開いてみたいなぁ〜。笑
若松院長、ご遠方から、ありがとうございました!

Ki-Yan WORKS 【北海道旭川市 マルワ整体院 壁画製作 後編】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.11.24

北海道旭川市 マルワ整体院での壁画製作のご紹介は、2階の美顔治療用VIPROOMのご紹介で完結です!
こちらの部屋には、華やかな牡丹を製作します!!   
ピンクのチョークで、スラスラと下書き作業が、進みます。
 
下書きと並行に、金縁作業を進めます。
   
 
しっかり製作しているチーム・キーヤン??
   
カメラを向けると、関西の血が騒ぐ…!?
    
作業の途中で、若松医院長にも、お手伝いして頂きました^ ^
 
奥様にも、しっかりお手伝いして頂き、助かりました!!
   
 
  
作業1日目で、ここまで進みました!
 
2日目からは、地塗り作業と並行に、影の色も入り始めます。
  
全体に色が入ると、迫力ある華やかになります!
  
完成間近!!
   
若松医院長と木村先生。
 
若松医院長、木村夫妻、医院長婦人。
   
華やかな部屋になりました!!
 
最後に、若松ご夫妻とチーム・キーヤン!!
楽しい北海道旭川での製作でした^ ^
若松ご夫妻、スタッフの皆様、本当に有り難う御座いました。