Ki-yan Blog

【KYOTOグルメ&アート】c.4-5/かつくら四条東洞院店

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2023.01.30

<KYOTOグルメ&アート連載>

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの一冊。

Chapter4-5は「かつくら四条東洞院」さんです。

 

 2005年に描かれた、「かつくら四条東洞院店」の作品「麦の賛歌」。同店で出される麦ご飯をモチーフに、豊穣の麦が店内で弾みます。とんかつや大海老かつ、湯葉巻かつなどメインが揚がるまで、すり鉢でゴマをすって待つスタイルはこのかつくらが最初です。店舗リニューアルの際に依頼されたこちらの壁画、実は短期間で仕上げる超過密なスケジュールで、かつくら本社デザイン室のスタッフも徹夜で参加。その一人は今、Team・Ki-Yanで大活躍している 日本画家・武田修二郎氏です。

 

 Ki-Yan painted ‘The Praise of Barleycorn’ at Katsukura’ s Higashinotōin branch in 2005. The barley motif, a symbol of fertility, comes from the signature style of Katsukura’s rice-cooked with barley and served with crispy mains such as tonkatsu (breaded pork cutlets), õebikatsu (prawn cutlets) and yubakatsu (tofu-skinned cutlets). Ki-Yan’s mural painting was commissioned for the restaurant’s reopening and completed in an extremely short time, just before the Gion Festival. Even members of Katsukura’ s head office’s design department needed to work through the night to complete the project on time. One of them, the Nihonga artist Shūjirō Takeda, eventually became a member of Team Ki-Yan.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

 

 

かつくら四条東洞院店 KATSUKURA HIGASHINOTOIN
京都府京都市中京区東洞院通四条上る阪東屋町674
075-221-4191

Ki-Yan.com/WORKS/名代とんかつ かつくら 四条東洞院店

 

次回はヌーベルバーグKYOTOさんです。お楽しみに!

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

進め。Ki-Yan 行脚の旅〜♪

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Stuzio

2023.01.29

先日の雪はすごかったですね。
Ki-Yan Stuizo のある祇園付近も、アッと言う間に雪景色でした。

さてさて!そんな訳で…本日はあったかい家の中でも
皆さんに壁画を楽しんで頂けるよう
カワグチが今まで巡った壁画の一部をご紹介です〜♪
(既にない壁画もありますが、ご了承下さいませ 汗)

まずは京都

『Darling Peacock』 (長楽館 2009/01)
『Nishikikoi&Lotus』(岩座 京都新京極 錦店 2017/8)
『Dancing Elephant』(Ki-Yan Stuzio 石段下店)
『Kuruma Shrimp』(京都中華 ハマムラ 2014/09)

お次は大阪

『Space Veggies』(関西国際空港 2009/3)

そして福岡

『Smiling Elephants』 (ANDON PROJECT 2014/08)

最後は宮城

『Lions Family』(仙台三越 定禅寺通り館 光の広場 2015/04)

現在進行形で増え続ける壁画は、キーヤン オフィシャルサイトの
WORKS”ページでチェックして頂けます!

木村英輝 -キーヤン- オフィシャルサイト/ KI-YAN.COM > works
https://ki-yan.com/workslist

是非、皆さまも様々な壁画を楽しんでみて下さいね♪


【KYOTOグルメ&アート】c.4-3/侘家古暦堂

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2023.01.20

<KYOTOグルメ&アート連載>

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの一冊。

Chapter4-3は「侘家古暦堂」さんです。

 

 オリジナルの侘家鶏 (わびやどり)を使った鶏料理を京都有数の花街・祇園にて提供する「侘家古曆堂 祇園花見小路本店」。有機野菜や無添加調味料など身体が喜ぶものだけを使ったおいしさです。2階の個室に描かれた黄金色の稲穂は「日本人の原点は米にある」というKi-Yanの想いと、祇園でお正月に芸妓・舞妓たちが髪に稲穂をつける慣習を重ね合わせて描かれました。豊かな実りに包まれた空間では、食事中の会話もいっそう楽しくはずみます。

 

 “Wabiya Korekido Gion Hanami-koji Honten❞ main branch is a chicken speciality restaurant located in the heart of the geiko (geisha) district of Gion. The restaurant is using the original Wabiya-dori chicken brand along with organic vegetables and seasonings with no additives. Ki-Yan chose the motif of the golden rice ear as a symbol and origin of the Japanese food culture, also because of the custom in Gion district of decorating geiko’s and maiko’s hair with rice ears for the New Year Day. The “Gold Rice”, painted on the wooden walls and glass sliding doors of the second floor, adds to the original dining experience in the renovated kyo-machiya (Kyoto townhouse).

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

 

 

侘家古暦堂 祇園花見小路本店 WABIYA KOREKIDO
京都市東山区花見小路四条下る 祇園町南側 歌舞練場北側
075-532-3355

Ki-Yan.com/WORKS/侘家古暦堂 祇園花見小路本店

 

次回はかつくら四条東洞院店さんです。お楽しみに!

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

Ki-Yan 歴代干支☆大集合!

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Stuzio

2023.01.14

少しずつお正月の賑わいも落ち着きつつある今日この頃…
ですが。でーすが!!


Ki-Yan Stuzio のギャラリースペースでは
何やらご利益のありそうな(?!) ”或る賑やかな集い”が…

<2023年 卯年>

そう!今年の干支である”ウサギ”を始め
飾られているのは、歴代のパワフルな干支!干支!干支!

<2017年 酉年>
<2016年 申年>
<2022年 寅年>

なかなか普段はお目にかかれない、レアな原画干支も多数展示中です!!
皆さま、是非見にいらして下さいませ〜♪

そして、今ならおトクな干支セットも多数ご用意!!

2023年 干支セット(2.6寸がま口、手ぬぐい、こころづけ袋/Carp) 2,200円(税込)

皆さまの2023年も、パワーあふれる素敵な1年になりますよ〜に♪

【KYOTOグルメ&アート】c.4-2/京・お漬物処 やました

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2023.01.13

<KYOTOグルメ&アート連載>

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの一冊。

Chapter4-2は「京・お漬物処 やました」さんです。

 

 清水の産寧坂途中にある「京・お漬物処 やました」は、店主・山下弘行さんが亀岡市の畑で育てた野菜をメインに漬けた自家製の漬物店です。おいしさを追求した結果「野菜も自分で作りたい」と農業を始めて10年以上。スケッチを欠かさないKi-Yan は、京野菜を求め、山下さんの畑まで訪ねました。完成した壁画を見て山下さんが一番驚いたのは、 野菜の葉。漬物にする部分ばかり気にかけてきたので、今まで見過ごしてきたその形の面白さを、改めてじっくり見ているとか。野菜作りからこだわった漬物は、熱意も染み込んだうまさです。

 

 Offering homemade pickles made from fresh, locally grown vegetables, Tsukemono YAMASHITA is a Kyoto-based tsukemono (pickle) shop located on the Sannen-zaka Street near Kiyomizu-dera. The shop owner, Hiroyuki Yamashita, started his farm in Kameoka more than ten years ago with the purpose of making delicious pickles with his own kyō-yasai (Kyoto-grown vegetables). And you can surely taste the difference! Ki-Yan visited this farm for inspiration and, of course, to draw sketches for the mural. Even the owner, a devoted farmer and vegetable expert, was impressed by the resulting colourful, super-sized flying veggies on the walls of his shop.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

 

 

清水寺へと続く、産寧坂の石段の入口。京都らしい風情が感じられる立地です。

京都観光の際はぜひお立ち寄りください。

 

 

京・お漬物処 やました YAMASHITA
京都市東山区清水3丁目316
075-561-8688

Ki-Yan.com/WORKS/京・お漬物処やました

 

次回は侘家古暦堂さんです。お楽しみに!

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

2023年もKi-Yan Yearで♪

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Stuzio

2023.01.08

皆さま、あけましておめでとうございます♪
本年も木村英輝、並びに Ki-Yan Stuzioを
どうぞよろしくお願い申し上げます!

さてさて今年も9日まで開催しております、Ki-Yan 福引

賞品もどどーんとご用意しておりますので
皆さま是非運試しに、いかがですか?

モチロン、新年の目玉商品も到着しております!

特製長毛フロッキー、ふわっふわの黒ウサギちゃんがバックに鎮座。
『Black&White スナップジャケット』

スナップボタンで着回しもしやすく、
この時期に手放せない裏起毛タイプです!

数量限定生産11,000円(税込) ナリ!!

そして、忘れちゃいけない毎年お楽しみの福袋も!!
あとわずかですが、店頭にもご用意しております♪

Ki-Yanパワーいっぱいの福袋をゲットして
今年も素敵な1年にいたしましょー♪

京都芸大同窓会アートオークション

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, イベント, Ki-Yan Stuzio

2023.01.06

本日より開始の

京都芸大同窓会アートオークション 2023「Hand On」にて

作品2点を出展、参加しております。

こちらは、木村英輝の母校・京都市立芸術大学(京都芸大)の企画で

2023 年秋のキャンパス移転に向けて、京都駅東側エリアでの建設工事が進められており、来るべき時代の新しい芸術大学を作るという大きな仕事に立ち向かう母校を支援するため、京都市立芸術大学ゆかりの作家によるアートオークションとなります。

 

オークションはどなたでも参加頂けます♪

詳しくは、オークション特設ウェブサイトをご覧下さい。

日時:2023年1月6日(金)11:00-1月9日(月・祝)19:00 まで

会場: 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
        〒604-0052 京都府京都市中京区押油小路町238-1
        075-253-1509

入札方法:会場・オークション特設ウェブサイトFAX の3つの方法にて入札を受付

 

>木村英輝作品ページはこちらから

2022年☆有難う御座いました‼︎

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio

2022.12.28

2022年も残りわずか。。。

本日28日。今年、最後の大安‼︎

スタジオも新年に向けお正月飾りの準備にしめ縄の掛け替えをしました。

年賀状の宛名書きに勤しむキーヤンも仕事納めです。

80才となり、壁画師20周年を迎えた2022年。

今年も沢山のご縁と共に御依頼を頂き、初の個展など

色んな出来事をお迎えした ”あっ” と言う間の一年でした♪

新たな出会いもあれば、別れもあり、結びの感謝が多く心に沁みる一年となりました。

本年も多くの方に応援、お力添えを頂きまして、誠にありがとうございました☆

さて、トラからウサギへ♪バトンが渡ります‼︎

ぴょんぴょん弾む2023年はどんな年となるのでしょう。。。

豪雪の今季、どうぞご自愛のほど、心温かく良き年越しをお迎え下さいませ。