Ki-yan Blog

カテゴリー:お知らせ

【KYOTOグルメ&アート】c.1-6/雅庵

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2022.08.12

 KYOTOグルメ&アート連載

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの一冊。

 約50軒の掲載店を毎週1軒づつ、Instagramとブログで紹介しようという連載企画です。

 

Chapter1-6は、六角通の「雅庵」さん。

 おいしい京野菜としゃぶしゃぶの店「雅庵」の階段を彩る、赤と黒の「竹」。制作に入ったその場で急遽変更されたモチーフで、すぐに構図を練り直して一気に描き上げられた作品です。階段下から眺める竹にはそんな当時の勢いが今も伝わるのか、訪れた人の視線を集めます。しゃぶしゃぶ、すき焼き、豚しゃぶなど各コース食べ放題が人気。外国人客の来店も多く、最初は「おかわり自由」のコースにびっくりするとか。一つだけある茶室風の個室はぜひカップルで!

 

  Specializing in kyo-yasai (Kyoto vegetables) and shabu-shabu, Miyabian features an elegant staircase lined with red and black bamboo. Just after Ki-Yan began painting, he spontaneously deviated from his initial plans and completed this mural in a very short amount of time. Before walking up to the second floor to enjoy your shabu-shabu, sukiyaki or buta-shabu, take a minute to admire the impressive ‘Lucky Bamboo’ from the best vantage point: the bottom of the stairs. Don’t miss out on Miyabian’s all-you-can-eat courses and free refill service. The restaurant also has one private tea house-style room that is very popular among couples.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

老舗店の歴史ある建物とモダンなアパレルブランドの京都店が建ち並ぶ六角通。

市の「歴史的意匠建造物」に指定される雅庵さんの建物もそのひとつ。キーヤンの壁画がアクセントになった上質な和空間で、厳選されたお肉と新鮮な京野菜をいただけます。

 

雅庵 -MIYABIAN-
京都府京都市中京区六角通柳馬場東入ル大黒町71 イーグルコート京都六角GOSHO参道1F
075-253-0291

Ki-Yan.com/WORKS/雅庵

 

次回は白川通の牛おおたさんです。お楽しみに。

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ki-Yan Stuzio(@kiyan_stuzio)がシェアした投稿

【KYOTOグルメ&アート】c.1-5/峯嵐堂 平安神宮店

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2022.08.05

 KYOTOグルメ&アート連載

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの本。

 約50軒の掲載店を毎週1軒づつ、Instagramとブログで紹介しようという連載企画です。

 

Chapter1-5は、大きな鳥居でおなじみ、平安神宮前にお店を構える「峯嵐堂 平安神宮店」さん。

 八坂店と同じく、わらびもちと豆菓子を提供する「峯嵐堂 平安神宮店」。こちらでは店内で出来たてのわらびもちがいただけます。京都の料亭などに豆や昆布、海苔など乾物を卸す「峯嵐堂」が、とくに大豆にこだわり、絶妙な加工ブレンドから作った極上のきなこ。これをおいしく食べてほしいと作ったわらびもちと、40種以上の豆菓子が並びます。壁には平安神宮にちなんで四方を護る四神、青龍、朱雀、白虎、玄武 が。お土産用の真空パックはKi-Yanの提案で、4つセットの四神デザインになったそうです。

 

Heian-jingū offers the same product range as the company’s Yasaka branch-its famous warabi mochi (a Japanese confection made from bracken starch) and 40 kinds of mamegashi (bean snacks). The difference is that here you can sit down and enjoy a beautiful set of freshly made warabi mochi and matcha! Hourandou supplies Kyoto restaurants with soybeans, kombu and other dried ingredients, and is especially proud of its high-quality kinako (roasted soybean flour) developed to perfectly match the taste of its homemade warabi mochi. The motifs of the ‘Four Deities’ pained on the café’s walls are connected to the neighbouring Heian-jingū Shrine and represent the four cardinal directions: tiger for the West, peacock for the South, turtle for the North, and carp for the East.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

パッケージや紙袋のほか、暖簾などもお手伝いさせていただきました。

 

峯嵐堂 平安神宮店 -HOURANDOU HEIAN-JINGU-
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町140 ポルト・ド岡崎#105
075-741-7636

Ki-Yan.com/WORKS/峯嵐堂 平安神宮店

 

次回は六角通の雅庵さんです。お楽しみに。

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ki-Yan Stuzio(@kiyan_stuzio)がシェアした投稿

【KYOTOグルメ&アート】c.1-4/峯嵐堂 八坂店

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2022.07.29

 KYOTOグルメ&アート連載

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの本。

 約50軒の掲載店を毎週1軒づつ、Instagramとブログで紹介しようという連載企画です。

 

Chapter1-4は、八坂の塔のふもとにある「峯嵐堂 八坂店」さん。

八坂の塔のすぐそばにある「峯嵐堂 八坂店」は、わらびもちと40種ほどの豆菓子がずらりと並ぶお店。近くの八坂庚申堂にちなんで決めたという申と、商品の豆が店内の壁面いっぱいに飛び交います。高いところが苦手なKi-Yanにとっては、緊張した現場の一つだとか。名物のわらびもちは自社特製で、前場信之社長が約2年かけて作った極上のきなこを、一番おいしく食べてもらうために作られたそう。店頭での「ぷるっ、とろっ」は素通りできない光景です。

 

Located just below Yasaka Pagoda, the Yasaka branch of Hourandou offers 40 kinds of mamegashi (beans snacks) as well as a selection of warabi mochi (a Japanese confection made from bracken starch). You may be surprised to see monkeys-a motif that comes from the neighbouring Yasaka Koshindo Templeand giant blue beans flying across the vermillion red walls and ceiling of the shop’s traditional Japanese interior. Because of the high ceilings, this mural was one of Ki-Yan’s most challenging pieces to complete! While taking in this spectacular work of art, try some of the famous soft, jelly-like warabi mochi. It took me two years to develop this kinako (roasted soybean flour) to match the taste of my homemade warabi mochi’, explains the shop’s owner, Nobuyuki Maeba.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

峯嵐堂さんのわらび餅といえば、キーヤンパッケージでおなじみの平安四神シリーズ。

木村英輝発案のパッケージコンセプトに合わせて、当時は未だ無かった「桜」味が開発されました。

峯嵐堂 八坂店 -HORANDO YASAKA-
京都市東山区八坂通下河原町東入金園町388-10
075-525-0507

Ki-Yan.com/WORKS/峯嵐堂 八坂店

次回はも峯嵐堂さん、平安神宮店さんです。お楽しみに。

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ki-Yan Stuzio(@kiyan_stuzio)がシェアした投稿

【KYOTOグルメ&アート】c.1-3/京都中華ハマムラ

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, KYOTOグルメ&アート

2022.07.22

 KYOTOグルメ&アート連載

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの本。

 約50軒の掲載店を毎週1軒づつ、Instagramとブログで紹介しようという連載企画です。

 

Chapter1-3は、府庁前の「京都中華ハマムラ」さん。

1924年に創業し、京都の街で古くから愛されてきた「京都中華ハマムラ」。河原町三条下ルの店舗が閉店した際には多くの人が涙しましたが、2014年に満を持して移転オープン。京都の中華発祥の店として走り続けて90年、創業者の弟を祖父に持つ店主が腕を振るいます。新店舗での制作を依頼されたKi-Yanが「ここしかない」とひらめいて描いたのは天井。「食材で一番よく使う車海老を、カウンター席の上で弾ませたら面白い」と描き始めますが、上を向きながらの長い作業は大変だったようです。

 

Founded in 1924, Kyoto-Chūka Hamamura is one of Kyoto’s oldest Chinese restaurants. While the closing of its popular Kawaramachi Sanjo-sagaru branch came as a shock to many regulars, the restaurant soon reopened at a new location. Family-run for over 90 years, this successful Chinese restaurant’s current owner-chef is the grandchild of the founder’s younger brother. Although painting on the ceiling is always a challenging task for the muralist, Ki-Yan wished to intrigue the guests by painting a mural of giant kuruma-ebi (Japanese tiger shrimp)-the most popular ingredient at this restaurant-directly above the counter seats.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

 

京都中華ハマムラ -HAMAMURA-
京都市中京区丸太町通釜座東入ル梅屋町175-2
(府庁前)
075-221-4072

Ki-Yan.com/WORKS/京都中華ハマムラ

 

次回はわらび餅でおなじみ、峯嵐堂さんです。お楽しみに。

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

 

【KYOTOグルメ&アート】c.1-2/裏寺 百錬

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, KYOTOグルメ&アート

2022.07.15

 先週からはじまりましたKYOTOグルメ&アート連載

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの本。

 約50軒の掲載店を毎週1軒づつ、Instagramとブログで紹介しようという連載企画です。

 

Chapter1-2は、裏寺の「百錬」さん。

繁華街・四条河原町にある路地を入った「裏寺」といわれる一角に、大衆食堂、居酒屋、鍋料理屋、酒場と幅広く楽しめる「百練」はあります。昼飲みができると観光客もわざわざ足を運ぶほど。ドアを開けるとすぐに急な階段が現れる2階の店は、カウンターとテーブル席があり、老若男女が好みのスタイルで賑わいます。「あえて店にミスマッチなものにした」とベニヤ板に華麗な赤いバラを描いたKi-Yan。ド派手な絵なのになぜか帰りになって気がつく人が多く、しばし立ちつくして眺めているそうです。

 

Popular among a wide range of customers, Hyakuren known as a canteen, an izakaya-style pub, a nabe (hot-pot) restaurant or as just a bar-is located in a back alley of Kyoto’s vibrant Shijo Kawaramachi area. As Hyakuren serves alcohol all day, it is a perfect spot to enjoy an early drink. Steep stairs lead you to the bar on the second floor, which features both table and counter seating. Ki-Yan intentionally painted the elegant roses on the rough plywood panels of the staircase to contrast to the pub’s casual atmosphere. Although the gorgeous roses are so outstanding, apparently many of the customers notice them for the first time on their way back down the stairs…

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

絶対注文してしまうメニューはこれ!

名物鉄板ステーキ。食べたらわかる かた肉の妙。ビールがすすみます。

 

メシと酒 裏寺 百練 -HYAKUREN-
京都市中京区裏寺町通四条上ル中之町572 しのぶ会館2階
075-213-2723

Ki-Yan.com/WORKS/百錬

 

次回は府庁前の京都中華 ハマムラさんです。お楽しみに。

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

 

【KYOTOグルメ&アート】c.1-1/天麩羅きたむら

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2022.07.08

外国人が見つけた KYOTOグルメ&アート

 みなさん、こちらの本はお持ちでしょうか?

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメできる一冊です。

 

 POPなデザインも目をひくこの本の、見開きページと本文を毎週1軒づつ、ブログとInstagramで紹介していきます。

掲載店は約50軒。ほぼ1年、ちゃんと続けられるか、チェックと応援よろしくお願いします!

記念すべき第1回目、Chapter1-1は、先斗町の「天麩羅きたむら」さん。

目の前で海老や魚、旬の野菜がカラリと揚げられていく様子を、味わいの一つとして楽しめる「天麩羅きたむら」は、銅鍋をコの字に囲んだカウンター式のお店です。先斗町の路地奥にある隠れ家のような店へ案内してくれるのはKi-Yan手書きの看板と京野菜の絵。店内には海老や魚が威勢よく飛び跳ねています。

 

The chef of Tempura Kitamura uses a copper pot at the counter to fry fresh seasonal vegetables, fish and shrimp right in front of guests. Located in Kyoto’s atmospheric Pontocho Alley, this tempura restaurant is situated at the end of a narrow entrance that showcases Ki-Yan’s iconic mural of Kyoto vegetables and a shop sign handwritten by the artist. Inside the small restaurant you will find another of Ki-Yan’s paintings: giant shrimp and fish spiritedly jumping across the walls.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

 

天ぷらきたむら -TEMPURA KITAMURA-
京都市中京区先斗町四条上ル10M西側
075-221-0011

 

残念ながら天麩羅きたむらさんは現在は休業中で訪問できませんでした。
再開を楽しみに待ちましょう。

次回は裏寺の百錬さんです。お楽しみに。

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ki-Yan Stuzio(@kiyan_stuzio)がシェアした投稿