Ki-yan Blog

【KYOTOグルメ&アート】c.6-6/ぎをん森幸

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, KYOTOグルメ&アート

2023.04.15

<KYOTOグルメ&アート連載>

キーヤンの壁画を見ながら食事やお買い物を楽しめる京都市内のお店を、日/英 バイリンガルで紹介する、京都ガイドブックとしてもオススメのこちらの一冊。

Chapter6-6は「ぎをん森幸」さんです。

 

 香辛料に頼らない、あっさりとした風味の京風中華料理が味わえる「ぎをん森幸」。1955年の開店当時から先代が得意とした春巻、大海老の天ぷら、酢豚、ふかひれスープなど、どれを食べてもウマイッ。現店主・森田恭規さんが始めた、辛みがクセになる麻婆豆腐も常連客が外さない人 気メニューです。「ここはオレンジ色を基調にしよう」。それだけを決めてあとは感じたままを描いたというKi-Yan。毎日見ている森田さんは、絵が描かれて7年経った今も、孔雀と芙蓉から元気をもらっている気がするそうです。

 

 Gion Morikö serves Kyoto style Chinese cuisine with a less spicy and assari (light) taste. Since opening in 1955, this restaurant has been famous for its signature dishes including fried spring rolls, lobster tempura, subuta (sweet and sour pork) and shark soup. The mābōdōfu (or mapo tofu) offered by the current owner-chef Yasunori Morita has become very popular among regulars and new customers alike. Ki-Yan spontaneously used orange for this peacock motif as he felt it would match well with the food and atmosphere of this vibrant Chinese restaurant. The gorgeous peacocks and cotton roses continue to be a daily source of joy for Mr Morita.

 

引用先:外国人が見つけた KYOTO グルメ&アート|Marta & Ki-Yan|ミシマ社

 

 

ぎをん森幸 MORIKO
京都市東山区白川筋知恩院橋上ル西側556
075-531-8000

Ki-Yan.com/WORKS/ぎをん森幸

 

次回は「十六代権太夫」さんです。お楽しみに!

 

Instagramのフォロー&いいね!もお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。