Ki-yan Blog

カテゴリー:壁画制作

Ki-Yan WORKS【つけ麺専門店 麺のまたざ】壁画完成!!

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.02.11

3日間の制作期間で、素晴らしい壁画作品が完成しました!
   
仕上げ作業で、一匹一匹、目を入れていきます。
   
電飾看板から伸びる場所にも、しっかり繋がる様に描かれています!!
     
改装前に比べて、スッキリとして、勢いのある外観となりました!!
   
国道から見ても、目立つ事 間違いなし!
   
 
店内も、一番奥の襖から18匹の鯉が、辰巳の方角の入口に向かって、泳ぎ始めました!!
  
電飾看板に光が入り、迫力が増しました!!
最後に、麺のまたざのスタッフとチーム・キーヤンで記念撮影^ ^
 
  
 
しっかりとした、動物系スープに数種の魚介類でとった魚介スープを合わせたハイブリッドダブルスープが、特製麺との相性が絶妙で、美味しいです!
他にも、カラッと揚がった唐揚げに、大きな餃子もあります^ ^
お近くにお立ち寄りの際は、是非、食べに行って下さいませ!
【つけ麺専門店 麺のまたざ】
兵庫県加古川市野口町長砂978-1
TEL 079-455-9132
駐車場あり

|この記事にコメントする|(0)

Ki-Yan WORKS 【京都府南警察署】多目的ルーム壁画

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.02.04

京都で一番古かった南警察署が、場所が移動して、京都で一番新しい警察署として生まれ変わりました!
   
 
入口入って、右側にある“多目的ルーム”の壁面に、アクリル板を設置しました。
【作業1日目】   
 
   
 
そのアクリル板に、南の方角を示す“朱雀”の孔雀を描きます!
   
アクリルの素材に、水性ペンで下描きを進めます。
    
   
1日目は、ここで終了しました。
【作業2日目】   
    
  
   
 白石署長にも、お手伝いして頂きました!
 
2日目は、様々な色が入り、雰囲気が出てきました。
  
作業の途中で、白石署長から、直々の護身術を教わりました!
署長の迫力に、腰が引けてるスタッフの西嶋でした。。
【作業3日目】
作業も大詰めに入り、 市民の方々や消防署長や防犯署長などが、一筆お手伝い頂きました!
普段経験出来ない事に、皆様に楽しんで頂いたみたいです^ ^
  
    
 
皆様、真剣に描いて頂いています!
   
    
木村先生に、色々説明や質問を聞いておられました。
 
  
最後に、白石署長、木村先生、T警部と記念撮影!!
色々、お手伝いして頂いた方々、本当に有り難うございました!
  
署員の警察官の方々にも、お手伝い頂いたのですが、捜査の関係で掲載出来ずに申し訳ございません。
壁画は、いつでも気軽にご覧して頂けますので、お立ち寄りの際は、是非ご覧下さいませ^ ^
残る東側と北側の警察署に描けたら、四神の作品が完成となります!!
 

|この記事にコメントする|(0)

Ki-Yan WORKS【H様 個人宅 2ヶ所の壁画制作】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.01.21

今回は、個人宅の2ヶ所の壁面に、新たな作品を描きました。
 【作業1日目】  
    
玄関横の大きなシルバーの扉に、5頭の象が、駆け上がりそうです!
  
   
外の壁画1日目の作業は、金縁を入れ終えるまででした。
  
2階のキッチン横の棚蓋に、2匹のジャガーがお目見え!!
黒の縁取りは、珍しい!!!
【2日目】   
 
2日目は、京都でも初冠雪を迎える中での作業となりました。
  
流石に、寒くて塗料も乾かない日となりました。
   
    
 
午後からは、室内に入り、ジャガーの作品に集中しました!
 【3日目】  
    
   
屋外の象の作品も、寒い中何とか完成する事が出来ました。
影や目も入れて、作品が生き生きしました!!
   
   
『Fly Elephants』
無地だったシルバーの扉に、勢いよく駆け上がる5頭の象が、駆け上がり始めました!!
   
    
    
 
『Smiling Jaguars』
   
 
黒の縁取りに、ベージュの色のジャガーは、初めて描いた作品となりました!
上品な仕上がりの中に、厳つくしっかり睨みの効いた作品となりました!!
H様宅に、シンプルな色味の壁画が、2ヶ所増えましたが、しっかりインパクトのある空間と生まれかわったのではないでしょうか?
【おまけ】  
 
作業中、ずっと癒しをくれてた飼い犬の“モコちゃん”。
連れて帰りたくなりました(笑)

|この記事にコメントする|(0)

Ki-Yan WORKS 【板絵 完成!!】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, 壁画以外の受注制作, Ki-Yan Stuzio

2016.01.14

受注制作しました、桜の板絵をご紹介!
板絵でも、下描きはチョークから始まります。   
 
金縁を、線に強弱を付けながら描きます。
 
   
手前にある花に、白色を入れています。
   
少し奥にあるのは、薄ピンクを入れます。
 コツコツと、作業を進めています。
 枝に黒色が入ると引き締まり、完成間近です。
  
サインを入れて、完成です!!
   
 
『Cherries in full bloom』
木目と桜のモチーフが、素晴らしい作品に仕上がりました。
桜の季節が、待ち遠しい気持ちにさせる、暖かな作品に完成しました!
※完成日は、ご依頼様のご希望で4.19となっています。

|この記事にコメントする|(0)

Ki-Yan WORKS 【Red Elephants】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2016.01.06

去年末に、 完成しました正月凧のご紹介です。
去年の鯉の正月凧に続いて、象の凧を、ストック用に仕上げました。
 
鳥の子紙に、チョークで下描きをします。
     
 
“Red Elephants 2016 正月”
   
山科の職人に凧へと仕上げて頂き、早速 去年の鯉の凧と一緒に、Ki-Yan Stuzio本店に飾りました!
   
 ダルマと一緒に飾ると、一気に正月らしい店内となりました!
是非、Ki-Yan Stuzio本店に、ご来店して頂き、見上げてじっくりご覧下さいませ^ ^

|この記事にコメントする|(0)

やっと描ける!

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, 壁画制作

2015.12.21

そう先生がおっしゃって、一瞬”?”となる、私こと、アシスタント西嶋。
先生「今まで、ミュージカルのことばかり気になっててな、他のこと何も考えられへんかったんや!」
先生「流石に、この土日は、力が抜けてたわ。笑」
せ、先生でも、そんなことあるんですね。。
初めての試みの多さ、
プロデューサーとしての重圧、沢山のことを抱えていらしたんですね。。
そんな今日、先生、解き放たれたように描きまくる!!

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)
あれに、これに、それに。。
見る間に、4.5点を仕上げて行く先生。
描きたい気持ちが溢れているのが、よく分かります。夢中で描く姿がとてもカッコいい。
これから年末にかけて、まだ少し!描きまくります!!

|この記事にコメントする|(0)

【繪舞台 琳派ロック】終了!!

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, イベント, Ki-Yan Stuzio

2015.12.17

12月15日、16日と、京都府立府民ホールアルティにて、『Panorama Rimpa Rock』が行われました。
[昼の部]14:00開演、[夜の部]19:00開演の合計4回公演でした。
平日で、約2時間の公演にも関わらず、多くのお客様にご来場して頂きまして、本当に有り難うございました。
[夜の部]は、立ち見が出る程の盛況ぶりでした!
では、『Panorama Rimpa Rock』の様子を、ダイジェストでお届けします!!
   
 
“点天”による、振舞い餃子です!
とても美味しかったです^ ^
   
    
舞台開始に、口上を読み上げる“茂山 あきら”様。
  
琴を奏でる“大谷 祥子”様。
  
尺八奏者の“三好 芫山”様。
  
舞の“日置 あつし”様、“松本 成弘”様、“ERIKA RELAX”様。
  
素敵な歌声“Yammy”様。
  
思わず聞き入ってしまう歌声の“わサブロー”様。
 
右側、ギターの求道者“井上 尭之”様。
   
Michaelダンス“MDPマサキ”様。
  
鼓の響宴者“藤舎 成光”様。
  
  
白キツネ“D-TREK”ジュニアダンサー!!
  
   
   
パーカッションの世界感を奏でる“SEIJ&BENE”様。
 
    
チーム・キーヤンによる、ライブペイント!!
  
リズムの魔術師“斉藤 ノヴ”様&音楽の開拓者“石間 秀機”様。
  
 
※写真協力“Yukke”
写真では、実際の感動を伝える事は出来ませんが、本当に他には無い、素晴らしい舞台になりました!!
出演者をはじめ、裏を支えて頂いた音響、照明、道具、映像など多くの人にお手伝いして頂き、素晴らしい舞台になりました!
皆様、有り難うございました。そして、お疲れ様でした!!
出演者の詳細は、こちらをご覧下さい→『Panorama Rimpa Rock』

|この記事にコメントする|(0)

Ki-Yan WORKS【壁画作品 色変更依頼】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2015.12.11

先日、2年前に納めた壁画の 作品の一部分を、ご依頼主のご希望で、変更して来ました。
   
 
丸で囲ったシルバーの鯉を、赤色ベースの鯉に変更します。
  
  
先ずは、小さな鯉から作業を開始します。   
    
小一時間ほどで、作業終了しました。
続いては、中ぐらいの鯉に移ります。
こちらは、少し明るい赤色です。
   
      
こちらは、一時間少しかかりました。
始めのシルバーばかりの壁面に、赤色の鯉が加わり、画面が締まりました!
ご依頼主のラッキーカラーが、赤色との事で、大変満足して頂けました!!
納品後、2年たっても変化し続ける木村先生の作品。
ロックも時間が経ち、リバイバルやカバーなどで、新たに輝く。
先生の作品も、変化を続けながら、また、新たな作品へと生まれかわれるパワーに脱帽です!

|この記事にコメントする|(0)