Ki-yan Blog

壁画をたのしむ 〜虎編 その3〜

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Stuzio

2021.12.29

_  _  _  _  _  _  _  _

「高名な評論家や巨匠に評価されるよりも、街行く人にカッコいいと言われたい。」

賞牌よりも独自のアートを追うキーヤンこと木村英輝先生の壁画を巡って!

_  _  _  _  _  _  _  _  _

 

今日観ていくのは、中国料理 桃李-烏丸京都ホテルの〈Aun-un Tiger〉。

 

 

ミラーアクリルに白と銀で描かれた「阿吽」の虎がみえます。

 

 

寺門に安置される仁王像がごとく、存在感がありながらも神秘的な趣も感じさせます。

このお店の守護神であるかのように、店内を見守ってくれているような!

 

 

もう一つ別の部屋には、大きなテーブル席がありました。

竹林の向こう側には、五匹の虎!

 

 

木村先生は、壁の色が自分では使わない色で面白いからということで、依頼に乗ったそうです。

シャンデリアに合わせてシルバーの主線で描かれた虎たちは、静かな眼差しでこちらをみています。

 

 

竹林の虎、というと、「山月記」(中島敦著)の世界ような、唐王朝時代あたりの中国を思い浮かべますが・・・

もし竹の向こう側に、遠い昔の中国が続いていたら、と思うとロマンがあります!

 

 

 

広東料理をベースにした、中華料理店。店員さんも親切丁寧で(美味しいジャスミン茶まで用意していただきました)、とても居心地の良い空間でした。

人気メニューは、「叉焼細切り葱そば」だそうです!

 

京都の人が好みそうな、上品で洗練されたこの料理。キーヤンの虎と一緒に、ゆっくり味わってみたいですね〜!

 

からすま京都ホテル 桃李

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です