Ki-yan Blog

カテゴリー:プレス

キーヤン・ダイアリー【取材の様子】

投稿者:

カテゴリー:プレス

2015.05.15

まだ、はっきりとした情報を、お伝え出来ないのですが、先日にとある冊子に掲載予定の取材を受けました!
   
カメラマン:目線頂けますか?
木村先生:何や、照れ臭いなぁ。。
  
カメラマン:カメラを睨んで下さい!
木村先生:  …。
  
カメラマン:今度は、少し笑顔でお願いします!
木村先生:写真で笑うのは、嫌いなんや!!
と、色々駆け引きがありながら、順調に取材も進みました^ ^
 
詳細の公開許可が降り次第、連絡致します!!
5ページ分を予定してますので、今から楽しみです^ ^
乞うご期待!!

【BS JAPAN にっぽん真発見】

投稿者:

カテゴリー:プレス

2015.04.13

木村先生のファンの方々!

昨日は、『BS JAPAN 真発見』を見て頂けましたでしょうか?

見れなかった方、見逃した方に、ダイジェストで簡単にご紹介させて頂きます(^o^)/

 先生も、『分かりやすく編集してくれて良い番組やったな!』と、仰っていました。  

        

いつみても、このウルトラマンの青色は良いですね!

  

先生、格好良い!!

    

今の作業場も紹介されました!

              

『現代に生きているわけやから、現代の絵の具を使って描きたい。宗達も生きていたら、そうしているはずや』

            

  

      

『高いとこ怖い…。』

  

『…⁈』

                

 

『ロックっていうのは、ストレートでシンプルでイージーでフリー。生きている限りはそういう絵を描きたい。』

ダイジェストは、いかがでしたか?

いゃー、格好良い木村 英輝先生を堪能出来た30分でした!!

【青蓮院での撮影風景】

投稿者:

カテゴリー:プレス

2015.04.03

 

2月中旬に、広告媒体で使用される写真を撮影しました。

小雨が降る中、少しの晴れ間が出たタイミングで行われてました。

  

  

ベラルーシ出身のモデルに、先生の蓮柄と青蓮院の雰囲気がぴったりで、素晴らしい仕上がりとなりました!

写真を撮っている方は、木村先生の図録の全てを撮っている打田(まんぺい)さんです‼︎

※下記は、前回もブログにアップしました内容です。

 先日、あるコラボレーションが発表されました。 株式会社ファイブフォックスが展開する “アルチザン” “バジーレ28″とのコラボレーション企画 ホームページに掲載されている商品は一部!ffox http://www.fivefoxes.co.jp/news/2015/03/-28.html こちらの商品はKi-Yan Stuzioでの取り扱いはございません 詳しくは 京都タカシマヤ コムサステージ銀座 大阪タカシマヤ 日本橋タカシマヤ などお取扱店へお問い合わせくださいませ http://www.wwdjapan.com/fashion/2015/03/20/00015832.html

〈BS朝日 悠久への旅 とっておきの京都〉詳細!

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, プレス

2015.03.06

2015年3月3日(火)夜9:00の2時間スペシャル『祇園に薫る粋と華やぎ』を見て頂きましたでしょうか?


俳優の椎名 桔平様と、長楽館 女将の土手様が、八坂の周りのお店を、2時間スペシャルで案内します。


後半の番組開始1時間30分経った頃、木村先生&Ki-Yan Stuzioの紹介が、始まりました‼︎







長楽館 女将 土手様が、椎名桔平様と訪ねて来られました!!



椎名様:『あれ?こんな感じの絵を、何処かで見た事がある! あっ‼︎ 青蓮院門跡の襖絵ですか⁉︎』



スタッフ武田:『そうなんです!襖絵を描かれた木村 英輝 先生のオリジナル商品を扱うショップなんです!!』





椎名様:『華やかな商品が、いっぱいあって人気でしょう。』

武田:『青蓮院門跡の襖絵を見て頂く事が多くて、好評頂いています!』

椎名様:『先生は、今日は2階で作業されていますか?』

武田:『作業されていますので、是非、2階へどうぞ‼︎』

木村先生登場‼︎

木村先生:『初めまして、木村です!』





椎名様:『どの様にして、いつも大作などを描いているんですか?』

木村先生:『この1mぐらいの竹棒に、赤か青のチョークを付けて、下書きしていくんや。』

土手様:『長楽館にも、木村先生に描いて頂いているですよ!』



続いて、長楽館と併設しているコーラルへ移動。

2009年1月に描き上げた、【Darling Peacock】





土手様:『エレベーターの部分や、天井にも描いているんですよ!』



当時の事を思い出して、何だか懐かしくなりました。

見逃した方は、3月24日の9時より再放送が有りますので、是非、見て下さいませ!!

祇園大茶会とは?7日と8日開催です!

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, プレス, イベント

2015.03.05

みなさま!
祇園大茶会の情報はすでにチェック済みでしょうか?
開催が近づいてまいりました!
今週末の7日(土)・8日(日)が開催です!
当日は木村英輝ワールドが八坂神社に広がります。
ご都合よろしければぜひお越しいただきたい!
と言えるような内容になっておりますので
皆様お誘い合わせのうえご来京ください。
でもパンフレットをまだ見ていないから何があるのかわからない
という方のために簡単にご説明を。
■チェックポイントその1
ポスターなどの印刷物のイメージビジュアルが木村先生の雲錦柄!
大茶会チラシ第2弾_01
■チェックポイントその2
先日まで描かれていたあの作品、春夏秋冬の屏風の展示がございます。
単体(春だけ)での展示はありましたが、全てが揃うのはこの日が初!
■チェックポイントその3
八坂神社の西楼門を左右に見て、約60mに渡る幔幕が展開。
川端通りぐらいからでも見えるのでは?とも言える大作!
もちろん木村先生の作品だけではなく、
お茶会にてお茶を楽しんでいただけたり、
同時に開催される琳派400年記念「扇子団扇展示会」は無料でご覧いただけます。
また6日からは京都・東山花灯路も開催されておりますので
八坂神社周辺ではイベントが盛りだくさんな週末となります。
ぜひ京都までおこしやす!
先日のブログでもご紹介があった
チームキーヤン武田がご案内させていただく、京都市内の壁画を巡るツアー第一弾
こちらもまだ若干名受付可能とのことです。
ツアーチラシ
お申込みは下記URLからお願い致します。
http://www.alphatravel.co.jp/tour/kyoto-tour/post-128.html
ではまた!

キーヤン ダイアリー〈BS朝日 悠久への旅 とっておきの京都〉に、木村先生が出られます‼︎

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, プレス

2015.03.02

2015年3月3日(火)夜9:00より、放送時間を拡大して2時間スペシャル『祇園に薫る粋と華やぎ』をお送りいたします。是非ご覧ください!

俳優の椎名 桔平様と、長楽館 女将の土手様が、八坂の周りのお店を、2時間スペシャルで案内します。

その中で、Ki-Yan Stuzio本店と2階の制作場所を訪ねて来られて、色々なお話をして下さります‼︎





さて、どんな内容になったかは、見てのお楽しみ⁉︎

是非、ご覧下さいませ(^o^)/

※3月24日には、9時より再放送予定が、有りです。


キーヤンダイアリー〈SANKEI EXPRESS〉

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, プレス

2015.01.07

こんばんは!
お正月も本日まで、皆様、七草粥食べましたか?鏡開きしましたか?^ ^
そんな名残惜しいお正月ですが、
年明け、1月3日、産経新聞さまより、こんな特集を組んで頂いていました。
どどん

IMG_6760.JPG
躍動する壁画『現代の琳派』
これですよ、この表紙!
昨夏に東京で制作した、ニゴロブナが目印!のこの特別誌。
半年程密着して、数千の写真を撮り、チーム木村英輝、東京支部の異名をとるT記者の努力の結晶です。(本当に、ありがとうございます!)
中身も、大迫力!

IMG_6761.JPG

IMG_6781.JPG

IMG_6780.JPG
お昼休憩中に、真剣に目を通す木村先生。何度もインタビューを繰り返して編まれた言葉たちは、とてもリアリティがあります。

IMG_6749.JPG
以下リンクに、一部内容が掲載されていますので、是非、ご覧ください。^ ^
http://www.sankeibiz.jp/express/news/150103/exg1501030000001-n1.htm
実は、今回の掲載は、第一回。
最新の壁画や、代表作を、独自の切り口でご紹介頂いています。
次回掲載が、今から楽しみです!^ ^

【掲載情報】Discover Japan

投稿者:

カテゴリー:プレス

2014.09.12

discoverjapan201410cover
discoverjapan201410_1
discoverjapan201410

Discover Japan 2014.10 /////
  グライックアートの先鋭は襖絵にあり!
  京都襖絵物語 〜いま京都は襖絵がおもしろい〜
  単なる美術作品ではない。襖絵に代表される
  障壁画は、空間をつくり、仕切り、開放もできる
  究極のインテリアデザインである。