Ki-yan Blog

Ki-Yan WORKS〈大阪 いっ鳥いっ舌一ノ助 前編〉

投稿者:

カテゴリー:お知らせ

2016.08.30

こんばんは!不規則で大型な台風10号、皆様お住まいの地域は、ご無事でしたか?
近畿は大雨の影響こそあれど、暴風は免れた模様でした。台風や、朝晩の涼しさに、秋を感じるようになりましたね。
さて、前回、横浜での壁画制作中にも、台風が日本にやってきていたわけですが(前回は横浜直撃)
嵐を呼ぶ男”木村英輝”、今回はこんなところで大旋風を思わせる作品に取り掛かっています。


見ているだけで鯉が巻き起こす風を感じますね!
黒い壁に描かれた鯉たちは、とても斬新!
舞台は大阪のど真ん中、東心斎橋。
そこに新規オープンする焼き鳥とタンのお店、いっ鳥いっ舌一ノ助、東心斎橋店にお邪魔しております。
【西中店さま情報】
いっ鳥いっ舌一ノ助
06-6770-9685
大阪府大阪市淀川区西中島3-14-11 新居第二レジャービル1F
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27087551/
今回の壁は、宿敵、砂壁!
絵の具が均一に乗らず、普段の柔らかい平筆では、描画が困難なため、硬めの筆でバリバリと、先生の下書きを追いかけて金の縁取りを入れて行きます。

ガリガリガリガリ、、、バリバリバリバリバリバリ。。
下書き用のチョークも砂壁に研磨され、見る見るすり減って行きます。腕や手首に、半端なく力がかかるため、腱鞘炎に注意しながらの制作です。
勢いよく描かれてゆく鯉たちは、お店をぐるっと一周!なんとも雄大なスケール観!ゆったりしたお店が、さらに広く感じます。

砂壁+マチエール付き の難関壁!チョークもつき辛そう。。
そして開始1日半、
下書きが完成し、金の縁取りが全体に行き渡りました!

描きづらいこその、アジやコクが見事に現れています。それが見える時は、アシスタントながら、いつもゾクゾクワクワクしてしまいます^ ^
色入れ以降のご紹介は、次回完成報告をお待ちくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です