Ki-yan Blog

キーヤンスタッフの休日☆プチKi-Yanツアー

投稿者:

カテゴリー:お知らせ

2016.01.22

皆さま、こんばんは。
先日ちょうど私がお休みを頂いていた日に、用事あって地元から母が遊びに来たので、いくつか作品スポットを巡って参りました。
 
待ち合わせ場所は地下鉄東西線の京都市役所前駅。
スタート地点から既に壁画スポット。。。といえば、お分かりの方も多いかと思います。
108匹の鯉が勢いよく昇る、ゼスト御池(寺町御池西南角 6番入口階段横)の壁画「Carp is dragon in heaven」
私が初めて目にした壁画もここの鯉たちでした。
その頃はまだ木村英輝先生のことも何も知らず、「すごいなぁ さすが京都やなぁ」と思っていましたが、まさかこうしてブログを書く日が来ようとは。。。
ひとまず、せっかくなので記念撮影に一枚パシャリ☆
ゼスト
 
 
地元ではちょっとした距離でも車に乗っていましたが、京都はサクサク歩けてしまうのが良いところ。
バスも地下鉄も適度に充実しているし、手を挙げればタクシーが止まってくれるので便利ですね〜 (田舎者と呼ばないで(笑)
少し歩けばお洒落な雑貨屋さんや珍しい専門ショップがあったりして、ここも見たい!あれも面白そう!なんてやっているとなかなか目的地に辿り着けないという。。。
そうこうしている間に、お昼の時間を少し過ぎてお腹がすいてきた2人。
どこのお店に行く?と母が鞄から取り出したのは、こちらの「外国人が見つけたKYOTOグルメ&アート」
本
見るとランチに行ってみたい近場のお店のページに付箋が。
既にいくつかピックアップしてありました。
ぬかりない(笑)
 
議論の末、2人ともまだ行ったことのないお店に決まりました。
それがこちら からすま京都ホテル2階にある中国料理、桃李さん。(p.106〜)
本 桃李
本 虎
普段外で食べる時は和食か洋食のお店に入ることが多いのですが、中華料理はあまり馴染みがないのでちょっとドキドキ
 
店内に入ると。。。ありました!
阿吽のトラ!
あ
うん
ぎらりと光るミラー板に描かれた二頭の虎が睨みを利かせています。
凛々しい表情でお食事を楽しむお客様を見守っているようですね。
 
 
本日は平日限定のランチセットBを注文
6種類のメインディッシュの中からお好きな一品が選べるお得なコース♪
¥1,550+tax
ホタテ貝柱の甘辛炒めも気になるけど、酢豚や麻婆豆腐も捨てがたい。。。
どれも美味しそうで迷っちゃう。。。
どれにしようかな〜と最終的にセレクトした一品は海老のチリソース
ランチ
一口食べてびっくり!
大ぶりの海老が噛むたびにぷりぷりと音を立てて口の中ではじけます。
とろんと濃厚なピリ辛チリソースと海老の旨味がマッチしていてたまらない♪
ご飯とスープ、サラダや揚げ物にデザートまでついてこのお値段はお得ですよね☆
お腹いっぱいになって大満足〜
ごちそうさまでした!
 
帰り際にスタッフの方にお願いして、虎の壁画が描かれている個室も拝見させていただきました。
虎
こちらの様子を伺う様に覗いている虎たちがなんともユニーク。
テーブルの周囲は檻のようになった竹薮で囲われているため、安心してお食事できますね。
 
 
さてさて、お腹も満足したところでお次の目的地は。。。
こちら
青蓮院門跡 (p.43)
本 青蓮院
長期休暇や、桜や紅葉といった観光シーズンを外した今頃の時期が案外おすすめだったりします。
なぜなら。。。
 
観光客が少ないため、ほぼ貸し切り状態でゆっくり襖絵を鑑賞できるから!
極楽 open
生命 全体
青の
実際に私たちが訪れた時も数組のお客様とすれ違う程度で、とても落ち着いて鑑賞・写真撮影することができました。
極楽
見渡せば一面の蓮。
鮮やかで斬新に描かれながらも、ふしぎと落ち着いた雰囲気に満ちている空間。
自然と背筋が正されるようです。
こんなにゆったりとした時間を感じたのは久々かもしれません。
 
1月行く、2月逃げる、3月去ると申しますように、気づいたら年の四分の一が過ぎていた!というのも毎年のこと。
お家でくつろぐもよし、お出かけするもよし。
たまの休日にはゆったりと過ごす時間を楽しみつつ、心身のリフレッシュに充ててみてはみてはいかがでしょうか。
新たな発見や出会いがあるかもしれませんよ^^
それでは今日はこの辺で。
よい週末をお過ごしください♪))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です