Ki-yan Blog

酉年を前にクジャクを見直す

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Stuzio

2016.12.02

皆さまKi-Yan Stuzioの2017年福袋はもうご予約なさったでしょうか?
来年の福袋はクジャクが目印。表と裏両方から迫力のクジャクが楽しめます。
2017luckybag1_bag
¥10,000+Tax
オンラインでは二次予約の開始までもうしばらくお待ち下さいませ。
店舗では引き続きご予約を受け付けております。
さてクジャクといえば人気のモチーフで様々な壁画がありますね。
dpeacock_1
長楽館
minamipolice_2
京都府警察/南警察署
moriko_1
ぎをん森幸
myouhoji_1
妙法寺さくらロイヤルメモリアルパーク納骨堂
などなど・・・。
ではこちらはご存知でしょうか?私が前々からぜひ観てみたいと思っていた作品です。先日京都から少し足を伸ばして三ノ宮(兵庫)まで行って参りました。
グランケーブ《Open your mind》2012年制作
img_2322
img_2324
img_2328
なんて大きくて美しいクジャク!
これだけかけ離れた色の組み合わせを数多く用いながらも、散らかった印象にならないことにいつも驚かされます。
img_2329
下からライトで照らされた作品は何ともエキゾチックで神秘的。室内の灯りを消して壁画下のライトのみにしたら更に幻想的で神々しくなるのではと思わず想像してしまいます。
img_2326
img_2332
壁紙に凹凸があることで平面的でのっぺりとした印象にならず、上品さと深みが増しています。この空間にいるとクジャクに守られ、包み込まれるような安心感があります。
クジャクは制作時期や使用する色によって印象が大きく異なるので見較べるのも楽しいですよ♪皆さまはどのクジャクがお好みですか?その方の個性が分かって面白いかもしれません。
クジャクの商品はこちら
グランケーブさんにお邪魔した後は兵庫県立美術館で開催されていた「ポンペイの壁画展」を鑑賞してきました。
こちらは壁面のスペースに厳格で、長方形の枠内に世界を収めているのが特徴です。枠をはみ出してどこまでも広がっていくキーヤン作品のイメージは非常に日本的な感じがしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。