Ki-yan Blog

All posts by Ki-Yan.com

春の風

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Stuzio

2018.03.14

春の風が吹けば
こころウキウキ!

桜ももうすぐ?

気分も春に!スマホケース(手帳型)

お家でも春を感じたい!春の手ぬぐいがのれん!

手ぬぐいを飾ってもいいですね

そんな時は手ぬぐいが掛軸風インテリアになる舞掛軸がおすすめ!

場所を選ばないミニ屏風もいいですよねー

そしてお出かけの時にも春をアピール!シルクガーゼストール〈Peony×Dot〉

いつでも春を感じてみませんか?

Spring Windのデザインの商品はこちらから

【衝立て制作】Ki-Yan Stuzio 2階 仕事場にて

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2013.08.08

Ki-Yan Stuzio 本店2階では、出張壁画制作がない時は、屏風や襖、小品や板絵など、小さなスペースで制作出来る作品を仕上げています。
チームKi-Yanとして本店2階で活動し始めて間が無いですが、木村先生が当たりを付けて、チョークや鉛筆で描いた後、先生やアシスタントによって金や銀などで、縁取りの色を入れていきます。
f0ebfcaf09cf40d675091376ba858c8a-1024x768
次に、先生から指示があった色を、縁の中に入れていきます。
c2cbeede5256a936ba953324244acc84-1024x768
その時、光の方向や方角、モチーフの動きなどから、縁(金や銀色)の太さを変えながら描きます。
色塗りではなく、色で描く、形を整えていく感覚で塗っていきます。
b02fbca4d7a9af8210aa459ba5438c3a-768x1024
d8b0896ec5c14a541d851d9e01f5e66d-1024x768
一つの作品の中にも、色々な決まり事があるので、真剣な作業が続きます。
b419c38a1a6188804e81e28c06c7db32-767x1024
細かい作業でも、作品全体で見た時を考えながら描いていきます。
20d6e13810fa53e8bc6aa811c85ea719-768x1024
作業の合間で、筆を置き、遠く離れて、全体のバランスを確認します。
 
常日頃、手伝っていても、現場の形状や描く素材、モチーフなど、一つとして同じものがないので、その都度、新鮮な気持ちで制作に望んで、完成度を高めていきます。
その繰り返しで、また新たに素晴らしい、“生きた作品”が生み出されます。
京都に遊びに来られた際は、是非、本店2階で“生きた作品”をご高覧して頂き、何か感じ取って頂けると幸いです。
 
スタッフ一同、お待ちしております。
 
Ki-Yan Stuzio 店長:武田 修二郎

【オンラインストア情報】Collection Cloth

投稿者:

カテゴリー:オンラインストア

2013.08.07

オンラインストアを更新しましたのでお知らせ致します!

人気のCollectionシリーズから、女性向けのウェアが登場です。
たとえばこちら、<Red Peony>

全部広げてみると、この通り

さいきん、流行ですよね。広げると真四角になるタイプは着ると自然に肩のラインに沿って落ちてくれて
短めのワンピースっぽくなって個人的にヘビロテしちゃうカタチです。
ゆったりめなので、体型を気にする方でも気にせず着る事ができます!
サイドを絞ってアレンジできるのもポイントです。
新商品Collection Clothのページは→コチラから

<催事のお知らせ>祇園祭なう

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, イベント

2012.06.26


このたび、7月1日(日)~17日(火)の約2週間、京都タカシマヤ1階にて開催されるイベント「祇園祭なう」にて期間限定ショップをオープン致します。
【祇園祭なう】
木村英輝 画『祇園祭絵図屏風』の特別展示を中心に、
〈永楽屋〉〈宮脇賣扇庵〉〈Ki-Yan Stuzio〉がコラボレート。
それぞれのブランドがお題となる「テーマ」を出し合い(全4テーマ)、各店が全てのテーマをモチーフにした商品を製作しました。お題はすべて、京都・祇園祭・もしくは夏ならではのもの。
今回初公開となる、木村英輝が1994年に描いた祇園祭絵図をモチーフにした商品をはじめ、夏らしいヒマワリやあさがおをモチーフにした手ぬぐい、扇子、Tシャツが特設ショップに登場します。
皆様のご来店をお待ちしております!

場所:京都髙島屋1階ゆとりうむ特設会場
期間:7月1日(日)〜17日(火)
時間:10時〜20時

18年前に木村先生が描かれたという、祇園祭絵図が屏風になって初公開されます。
普段では絶対見られない、レアな作品もございます。
その他、夏らしいヒマワリの絵をモチーフにしたグッズも展開。
ご来店お待ちしております!

» イベントフライヤーのPDFをダウンロード

木村英輝の屏風展

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, イベント

2012.04.23


来る5月2日(水)→6日(日)の5日間、髙島屋大阪店7階グランドホールに於いて「木村英輝の屏風展」を開催致します。
10年に及ぶ活動の中で壁画以外にも襖絵、板戸絵、幟(のぼり)など、
さまざまな形で残してきた作品を一同に集結。
さらに、新たに取り組んだ屏風、板絵など大迫力の展示を行います。
現場へ行くことでしか作品を見ることができなかった木村英輝作品を
1度に見ていただける初の試みです。ぜひのご来場、お待ちしております。
日時:2012.5.2(水)→5.6(日)
   午前10時〜午後7時30分(午後8時閉場)
   ※最終日6日(日)は午後5時30分まで(午後6時閉場)
場所:髙島屋 大阪店7階グランドホール
入場料:無料

さらに。
その週明け9日(水)→14日(月)の6日間は同じく7階の催会場にて行われる企画”BEST BUY OSAKA”に、Ki-Yan Stuzioが出店致します。
大阪ならではの魅力あるブランドや商品を紹介するこの企画に、大阪出身のアーティスト木村英輝のショップとして、京都から参戦です。
約100平米のスペースをいただいているので、普段店頭で並べられない大型の商品や作品の販売も予定しています。
こちらもぜひ足をお運びください。
お待ちしております。
日時:2012.5.9(水)→5.14(月)
   午前10時〜午後8時
   ※最終日14日(月)は午後5時閉場
場所:髙島屋 大阪店7階催会場(西エレベーターAを降りてすぐ)

NEWS23X

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, プレス

2012.03.24

全国高島屋の中元歳暮カタログの表紙絵
観光庁 Japan.Thank You. キャンペーンポスターに続き、また大きなニュースです!
来週26日(月)より、
TBSのニュース番組、NEWS23X(クロス)のリニューアルするスタジオセットに
木村先生の絵が登場します。
3月26日からスタートする新しいNEWS23Xでは、
「23 X(クロス)ART」プロジェクトと題して、
様々なアーティストと共に、絵画やオブジェなどで空間演出されます。
“春夏秋冬”それぞれの季節をテーマに作品を入れ替え、
日本の“四季”をこれまでと違った形で表現するというプロジェクトです。
このプロジェクトの第一弾アーティストとして木村先生にオファーをいただきました。

(※イメージ)
まだ全部はお見せ出来ませんが、春のモチーフは牡丹。
夏には向日葵、秋には、、と1年間のおつきあいの予定です。
現場では新しいセットの設営作業がはじまってるようです。
NEWS23Xのfacebookページで経過がアップされてますね。
放送日が今から楽しみです!
初回の放送日は3月26日(月) 22:54。ぜひご覧ください!
NEWS23X|TBSテレビ http://www.tbs.co.jp/news23x/

期間限定ギャラリーショップ@eXcafe

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, イベント

2012.02.24

壁画《Black Peony》が見れるeXcafe嵐山本店は、
外壁の黒い牡丹・店内の赤獅子・白獅子それぞれの和室と、ひとつの店舗で異なる3種のモチーフが見れるキーヤン作品のあるスポットでも珍しいところです。
看板メニューの黒丸ロールはほんとにうまいです。
そんなここeXcafe嵐山本店さまで、今日から来月11日(日)まで
木村英輝作品・図録が見れる期間限定ギャラリーが開催されます。
併せてKi-Yan Stuzioのグッズも一部展開しています。


お店へ入ってすぐ、左を向くと廊下の先にライトアップされた孔雀が見えます。
履物を脱いでお上がりください。


特殊な色をミックスしたゴールドが光ってます!
普段はどこに行っても見れない作品なんでぜひ近くでご覧ください。


お土産にも買いやすい新商品の一筆箋ほか、小物やバッグなどの商品、
図録・書籍を読んでいただけるテーブル席もご用意しました。
ごゆっくりどうぞ。

嵐山へお越しの際はぜひ。
期間:2月24日(金)~3月11(日) 10:00~18:00
場所:eX cafe 嵐山本店 Arashiyama honten
   京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3
   TEL:075-882-6366

Japan.Thank You.キャンペーン特別ポスター

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, プレス

2012.02.21

「Japan.Thank You.」キャンペーンは、
海外からの観光客誘致に取り組む、観光庁及び日本政府観光局(JNTO)が、関係省庁、地方自治体、民間事業者等と連携して展開するキャンペーンです。
キャンペーン用に制作される特別ポスターに木村先生の鯉の絵が採用されることが本日発表されました。
以下、観光庁のサイトから転載にてご報告します。

特別ポスター「Japan, Rising Again. Thank you for your support.」
昨年の東日本大震災は、多くの悲しみを日本にもたらしました。しかし私たちは、少しづつですが、しかし着実に復興への道を進んでいます。震災後、海外の皆さんからも大変多くの心のこもったメッセージや多くの御支援を頂きました。「感謝」の気持ちは簡単な言葉では言いつくせません。
登龍門(とうりゅうもん)ということわざがあります。この言葉は、成功へ至るために乗り越えなければならない難しい関門のことを表しています。「鯉の滝登り」ともいわれ、鯉幟(こいのぼり)という日本にも残る風習の元にもなっています。
流れの急な龍門という河を登りきった鯉は龍になるという伝説になぞらえて、辰年を迎えた2012年、復興に向け登りきろうという心、そして海外の皆様のご支援への感謝を表したポスターです。
主な取組
1.特別ロゴ「Japan. Thank You.」及び特別ポスターを作成し、官民連携により海外へ「Thank You」を発信
2.主要国際空港等(出入国審査ブース、ターミナル等)でのお出迎え展示
3.本年1月に新規開設したJNTOツーリスト・インフォメーション・センターが所在する東京・丸の内において、「Thank You」折鶴キャンペーンの実施     
4.東京、横浜、大阪、京都、仙台等の大都市と米国・ニューヨークにおいて、商店街バナー、バス・タクシー、ホテル・フラッグなどへ「Japan. Thank You」ロゴを掲出
5.震災復興への感謝を込めた3月11日特別ライトアップ(東京スカイツリー、横浜マリンタワー、京都・東山花灯路、神戸ポートタワー、別府タワー)                            
6.岐阜県高山市の16の主要観光施設及び公共交通機関について、外国人の利用が3月11日に限り無料
7.外国人旅行者向けガイド「ZAGAT」Thank You版の製作・配布
8.東京マラソン等参加の外国人へ、「Thank You」カードを配布
9.日本全国からThank You動画の募集と海外発信

観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000103.html
京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20120221000057