Ki-yan Blog

Ki-Yan WORKS〈樫野倶楽部様 Vol.2〉

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2014.06.25

こんばんは!
今日も、月曜に引き続き、徳島県、樫野倶楽部の壁画制作の様子をご紹介します^ ^
滞在二日目から、樫の木の作品と並行して、先生は、ラウンジの作品に取り掛かり始めます!

20140623-132309-48189673.jpg
美しい白亜のラウンジに現れたのは、大きなブドウの木。
チョークの下書きからでもわかる、優しい生命感。ツルはドンドン、伸びていきます。

20140623-132550-48350566.jpg
縁取るのは、今回は、ゴールドではなく、シルバー!
いつにも増して、上品で美しい色合いです^ ^
下書きのチョークと混ざると、梅雨空に合う、綺麗な紫陽花色になりました。(この色は、二度塗りして消してしまうのですが。。)

20140623-132906-48546721.jpg

20140623-132905-48545966.jpg
骨書きが進んでゆきます。

20140623-133755-49075221.jpg

20140623-133755-49075953.jpg

20140623-133756-49076658.jpg
と、そこに、
「おおおー!」
と、歓声が!

20140623-133950-49190123.jpg

20140623-133950-49190814.jpg
皆が注目していたのは、これ!

20140623-134046-49246845.jpg
銀のブドウに、キラキラのがラメが!
新しい試みです。角度によって煌めく色が変わり、上品な輝きを放っています^ ^

20140623-134315-49395621.jpg

20140623-134314-49394722.jpg
「イメージは、ホワイトウェディングで、白を基調にしたかったんや」
「でも、銀や白だけでは、ただの地味な絵になるやろ、それを、何とかしたかったんや」
と、先生。
螺鈿や、カッティングシートを貼ることなど、京都のスタジオでの試行錯誤の結果、ニスにホログラムを混ぜて、直接塗布することになりました。
派手すぎず、しかし目を引く、爽やかな輝きは、白い壁に映えます^ ^

20140623-141647-51407487.jpg

20140623-141648-51408186.jpg

20140623-141648-51408944.jpg

20140623-141646-51406742.jpg
キラキラのブドウは、銀の葉に彩られ、見る見る、ラウンジを埋め尽くしてゆきます。。
銀は、金に比べると、色もかなり薄く、二度三度、塗り重ねなければなりません。根気良く、丁寧に、仕上げてゆきます。
そして。。

20140623-141916-51556966.jpg

20140623-141916-51556630.jpg
サインが入りました!

20140623-141945-51585103.jpg

20140623-141944-51584318.jpg
渾身の新作、
【Silver Grapes.】完成です!
白を基調として、華やかで美しい、婚礼に相応しい作品となりました。
横を歩くたびに、ブドウが揺れるように輝き、まるで生きているかのような、躍動感があります。
最後に、社長ご夫妻と、作品を背に記念撮影。

20140623-142204-51724248.jpg

20140623-142204-51724590.jpg
「椅子を張り替えなくっちゃ」
「ここには壁画を楽しんで貰えるよう、テーブルの配置も変えなくちゃ」と、奥様が張り切って、ラウンジを見渡していらっしゃいました^ ^
5日もの間、お世話になりました!
次回は金曜日、いよいよ、三箇所めの制作に入ります!お楽しみに^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です