Ki-yan Blog

Ki-Yan WORKS【宮城県 松島 一の坊】壁画制作 前編

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2017.04.11

こんばんは!
チームキーヤンは今、宮城県は松島の素敵な旅館、”一の坊”さまに来ています。
前回の軽井沢同様、もちろん慰安旅行ではなく、大作壁画のためです。今日は、出張10日間のうちの3日目、制作は2日目です。
、、、あれ?一の坊??
ーーそうです。6年前、山林の美しい緑を楽しめる、同県仙台市作並にある温泉旅館、”作並 一の坊”さまでも壁画を制作させていただいております。
作品ページ
http://www.ki-yan.com/works/2012/ichinobo/
今回は、海の絶景を楽しめる旅館、”松島 一の坊”さまでの制作です。^ ^

現場の足場を確認。
ご覧のように、かなり立派で大きな足場です。
制作スタート!
人の大きさに比べると分かりますが、かなり高所の大壁となっています。
そしてここは、大きな会食ができる、ホールとなる場所。
幅は20m、高さ3m超えの、大きな壁面。
そこに現れるのは。。松島の自然の名産品たち。
取材旅行で出会った名産物たちのスケッチを手に、事前デザイン無しでのぶっつけ本番!大きな壁に大きなモチーフが、チョークによって描かれ始めました。
まずはこちら。

二人で塗っても追いつかない、巨大白菜です。


縁取りが入るとこの通り!
大迫力の白菜が現れました。
他にも。。

たくさんの野菜たちが現れました。ネギに、ちぢみほうれん草、セリに稲穂。まずは半分の壁面に、東北の大地の恵みをふんだんに描きこみます。
そしてもう半分には。。
海の恵み、カニやマグロにカツオ、アイナメなどの海産物が登場!所狭し!と泳ぎ回る彼らの勢いは、必見です!
と、制作2日目を終え、絵の具と壁の相性はコンディション、制作される壁面の全体像などが、はっきりとして来ました。

本日、白菜に色も入れて見ましたよ!
温かいエンジ色となりました。
これから、この大きな壁面が、どのように華やかさを増していくのかは、乞うご期待です!
では、木曜の制作ブログをお楽しみに!^ ^
ガンガン描きまくりますよー!!
松島 一の坊さまHP
http://www.ichinobo.com/matsushima/sp/
【おまけ】
今回の海の恵みのモチーフの一部、マグロとカツオは、スケッチ材料を探すのが大変でした。京都で出会えず、一の坊さまにご相談すると、なんと!
本物をご用意くださいました。
ワイルド!
一心不乱に、スケッチする先生なのでした。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。