Ki-yan Blog

SOU・SOU 傾衣 壁画制作

投稿者:

カテゴリー:壁画制作

2009.03.02

今回は、京都の花遊小路にある“sou・sou”さまにて描きました。

f:id:ki-yan-blog:20090302173246j:image

地下にある『傾依(kei-i)』の店舗壁面を描きました。

2日間の作業では、SOU・SOUの若林社長も加わっていただき、

短期間で仕上りました。

今回描いた作品は、面高(おもだか)、蛙、亀、トンボ、睡蓮です。

f:id:ki-yan-blog:20090302173329j:image

面高(白の花と黒の葉っぱの植物)は、

葉が矢じりに似ているので「勝ち草」と呼ばれたため、武士に好まれ、

装飾品のデザイン等に用いらます。

毛利元就が沢瀉(たくしゃ)紋にした由来は、

或る合戦で毛利元就が敵を追って川を渡ろうとした時、

水際に生えていた沢瀉(たくしゃ)に蜻蛉(トンボ)が止まっていた。

毛利元就はすかさず「勝ち草に勝ち虫あり」と敵を攻め、

勝利をおさめたので、沢瀉(たくしゃ)を家紋に用いるようになったとされています。

(或る話によると、蜻蛉(トンボ)を勝ち虫とする由来は、

雄略天皇が狩に出かけた際に詠んだ歌が元になっているそうです。

また、素早く飛び回って害虫を捕食し、前進するのみで後退しない攻撃的な姿からともいわれるそうです。)

f:id:ki-yan-blog:20090302173639j:image

そこに長生きする亀と、お客様へまたお店にお越しいただく、

という願いを込めて蛙を描いています。

sou・souさまには、木村氏とのコラボ商品もあります、

是非お越しくださいませ。

sou・sou 

http://www.sousou.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。