Ki-yan Blog

キーヤン ダイアリー【作品が、生み出される瞬間】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, Ki-Yan Stuzio

2015.06.08

日々の作品制作の中で、ふと先生の手元を見た時に、筆先から、作品が生み出されるのを、目の当たりにします。
   
 
一筆、一筆に、気持ちが入り、頭の中にある完成図に近づけ、それ以上の作品に仕上がるのを、目の当たりにできます。
   
   
“自分の作品は、人に手伝って貰っても全然平気なんや、必ずスケッチをして、完成図を描かないで、壁面の中で構成して、一気にチョークで下書きを完成させる。後は、方角、線の強弱、色の配置、影のグラデーションは、指示をすれば描ける。”
作品の力強さと勢いには、いつも感動と驚きを覚えます。
皆様も、一筆 一筆を感じながら、じっくり鑑賞してみて下さいませ!!

One thought on “キーヤン ダイアリー【作品が、生み出される瞬間】”

  1. 点から面へ。
    小生の知る限りキーヤンは高島屋のカタログなどと関西空港に作品があると思いますが
    それを結ぶ南海電鉄には作品を知りません。
    そこで難波高島屋と関西空港を結ぶ南海電車「ラピート」の車内外に描いてみるのはどうでしょうか。キーヤンの故郷でもあるし、作品の国際化のためにも。
    題材は「だんじり」「みずなす」など泉州名物、名所がいいのでは。一度南海電車と交渉してはどうでしょうか・

松岡兼次 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。