Ki-yan Blog

Ki-Yan Gallery|Rhino Family 2001/10

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Gallery

2016.01.13

本日より毎週水曜日のブログは、新しい試みをスタートします。
京都を中心に今や日本以外にも広がる木村英輝の壁画作品。
中には色々な事情もあり現在では見れなくなってしまった壁画などもありますが
少しずつご紹介させていただきます!
では、本日ご紹介する壁画はこちら。
「Rhino Family」(サイのファミリー)京都 2001/10
Rhino000
教え子だった平川容豊君がラウンジMOJOをオープンすることになった。「先生、壁画を描きませんか。」大きな絵を描きたかった私は、二つ返事で引き受けた。
金で縁取ったショッキング・ピンクの犀のファミリーを描く事にした。私も平川君もロック派である。’60年代のサイケデリック・アートを彷彿させる絵柄だった。
ラウンジはドイツの古い民家風の設えだった。古木の太い柱と梁、漆喰、そんなネイティブな現場に立った。ショッキング・ピンクではなく、ワイン・レッドが塗りたくなった。
Rhino001
私の作業を覗きに来た仲間達が、そのワイン・レッドをカッコいいと言う。誉められる事が嫌いでない私は、それに陰影をつけてみた。壁から今にも駆け出して来そうなサイの親子に仕上がった。
創造の神が舞いおりてきたのではなかった。成りゆきだった。ワイン・レッドを基調にした画法がこんな出会いから生まれたのだ。
Rhino002
Rhino003
この犀のファミリーが私の壁画の処女作となる。
Rhino004
 
  
  
■サイのグッズはこちらから >>> 金彩友禅立体ラバーシール<Rhino>
ラバーシール(サイ)

3 thoughts on “Ki-Yan Gallery|Rhino Family 2001/10”

    1. カナックス様
      最初はお一人で描かれたかもしれませんね。
      ですが先生の壁画にはいつもたくさんの方がかかわっています。
      2001年はわたくしたちもまだ木村先生に出会う前、
      また今度伺ってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です