Ki-yan Blog

カテゴリー:壁画制作

キーヤンダイアリー【噂のお客様!】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, プレス

2015.10.19

数週間前、スタッフ間でこんな噂が流れていました。
“とにかく生地を大量に買っていかれたお客様がいるらしい”
“とんでもなく派手なお着物を作っているらしい”
へえ、そうなのかぁ。。
先生の柄のテキスタイルで、面白いことをしている人が居るんやなぁ。。
その時は、そのくらいにしか考えていませんでした。。
が、事態はある日の午後、急変します。
先生『さっき行ったパーティに、俺の柄の生地で、めちゃくちゃ派手な着物着たやつが来てたんや』
私『(それはもしや!)』

(null)
ど、ど、ド派手やー!!!!!!
これが噂のお客様と、即座に確信。
よくよくお聞きすると、彼は京都ラーメン界の大物、Tさまと判明。
先生『明日スタジオ来てもらうんや、カッコええし、カメラマンに写真とってもらうねん』
私『?!?!?!?!?!』
〜〜そして翌日〜〜

(null)

(null)

(null)

(null)
スタジオに現れたのは、とても優しく明るい雰囲気の男性。
パパパッとご自分でお着付けを済まされ、制作スタジオでのド派手な撮影会に入りました!
なんだかとっても妖艶!
よく見ると、胸元にHeianBaROCKの女性の顔がバッチリ来るようにしたり、左右の袖の紅葉は赤勝ち、黒勝ちと分かれているし、袂だけ生地を変えたりと、かなりの拘りよう。
実際、ご本人が細かく指示をして、この着物を仕立て上げられたそうです。
後ろ姿もスッキリ。作品への愛情がひしひし伝わりました。
最後は先生と2ショットで、にっこり^ ^

(null)
T様、お忙しいところ、本当にありがとうございました!

Ki-Yan 掲載情報【月刊 京都 11月号】極上紅葉×現代琳派

投稿者:

カテゴリー:プレス, Ki-Yan Stuzio

2015.10.16

 月刊京都  11月号に、木村先生のオススメする紅葉と、琳派について特集されています!!
京都高島屋での個展の様子から、木村先生の琳派への考えを取材されています。
オンラインでも、購入可能ですので、興味のある方は、是非、御購読して下さいませ!
  
表紙デザインは、12月の舞台ポスターの文字デザインを担当して頂いた、中川 学 様のデザインです!!
Ki-Yan Stuzioのロゴマークが⁉︎
    
 

キーヤンダイアリー〈お好みは?〉

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, プレス

2015.08.10

こんばんは!
まさに真夏!という暑さが続きますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
今夜は夏にぴったり?!トロピカルな美女たちをご紹介。
どの美女がお好みでしょうか?^ ^

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)
アジアン系、ヨーロピアン系、アフリカ系、沢山の美女たち、顔立ちもカラーも、性格までそれぞれ想像出来そうな作品たち。
全体像は、京都高島屋さまでの個展にてお披露目となります!乞うご期待、色彩の海で、お会いしましょう!
〈おまけ〉

(null)

(null)
美女?????

Ki-Yan WORKS【繪舞台 琳派ロック】Panorama Rimpa Rock】

投稿者:

カテゴリー:プレス, Ki-Yan Stuzio

2015.08.07

タブーなし、能書きなし、生きる儘、時代に生きる
究極のアマチュアリズムを
標榜する木村英輝・キーヤンが
総合プロデュース
絵画と音楽と舞踏がクロスオーバーする
筋書きのないスペクタクル パノラマ
その名も「繪舞台 琳派ロック」
すごい豪華メンバーです!
何が起きるのか、スペクタクルパノラマとはいったい!?
昨日会場となる、「京都府立府民ホール”アルティ”」にて記者会見が行われました!!
   
 
着々と記者会見の準備が、進められています。
   
ダンス MDPマサキ!!
 
ワサブロー&Yammy!!
   
先生も楽しそうです^ ^
 
主催者&パフォーマー。
  
関係者一同‼︎
詳細は随時発表してまいります、
展覧会とあわせて「繪舞台 琳派ロック」にもご期待くださいませ!!!
「繪舞台 琳派ロック」
場所:京都府立府民ホール”アルティ”
日時:2015年12月15日(火)、16日(水)
昼の部:13時30分開場 14時開演
夜の部:18時30分開場 19時開演
前売:一般4500円 学割(中学生以上)3500円
当日:一般5000円 学割(中学生以上)4000円
〈全席自由〉
チケットの販売方法などは、後日にお知らせ致しますので、しばらくお待ち下さいませ。

キーヤンダイアリー〈旅する絵の具〉

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, プレス

2015.08.05

毎日、灼熱の暑さが続く京都。皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近は、現場へ赴いて制作する、壁画は、落ち着いて、スタジオでの大型作品や屏風などをご紹介しておりましたが、
そろそろ、出張しての壁画プロジェクトが、始動します。
旅の前には、旅支度。

(null)
じゃん。
この大きな頒布バッグに、壁画道具を詰め込みます。

(null)

(null)
ちなみに、一澤帆布特注です。
キーヤンカラーのディープイエローに、オリジナルのワッペンをつけていただきました。
数十カ所の壁画出張、
どんなに重い絵の具を詰め込んでも、
どんなにパンパンに物を入れても、
空港や駅でどんなに引っ張り回しても、
全く破れなかった、百戦錬磨の、我らが戦友!
一澤信三郎帆布さま、いつも、ありがとうございます。
さて、その中身ですが。。

(null)
どっさり。
(現在、つなぎや、他の絵の具は、調整中のため、ここに写っていません、悪しからず。。)
絵の具などは、モチーフや壁画の規模によって異なりますが、大体こんな感じです。

(null)
太筆〜面相筆、各種ヘラなどの筆類。

(null)
各種絵の具に、

(null)
持ち運びにとっても便利な、折りたたみバケツ。いいアジ出てます。

(null)
あ、銭湯用のマイお風呂椅子です。嘘です。
作業中の椅子になるのはもちろん、ひっくり返して、数色の絵の具を持ち運ぶボックスになったり、先生の昼寝の枕になったりする、絶妙な大きさの万能お風呂イスです。百均です。笑
もちろんスタッキングして収納、できる子です。

(null)
イベントで配布していたエコバッグ。中にはそれぞれの作業シューズが入っています。このように、ちょいちょいレアグッズも登場します。笑
他には、養生グッズや、各種筆記具、チョーク、そして、
現在クリーニング中の、それぞれユニフォーム。

(null)
先生の魔法の杖、竹の棒など。

(null)
いろいろな物を詰め込んで、現地に必要であろう物を想像しながら、旅に備えます。
さあ、次は、どこで、何を、描くのでしょうか。
涼しいスタジオでの制作もいいけれど、やっぱり先生には、壁にダイナミックに描いていて欲しい!と思っている、西嶋なのでした。。^ ^

Ki-Yan WORKS 全貌を明らかに出来ない作品達

投稿者:

カテゴリー:プレス, Ki-Yan Stuzio

2015.07.24

暑い中ですが、夷川Ki-Yan Stuzioでは、日々作品制作が続いています!
   
    
    
 
個人依頼や、9月の京都高島屋での作品制作が、日々行われています。
皆様に御高覧して頂ける日が来るまで、楽しみにして下さい!!
  
キーヤンコレクション
『繪舞台 琳派ロック』
於 京都高島屋 グランドホール(7階)
2015年9月3日(木)〜9月17日(木)
入場時間
午前10時〜午後7時半(午後8時閉館)
一般 800円(600円)
大学、高校生 600円(400円)
中学生以下無料
※()内は前売り券及び団体料金です。前売り券は、高島屋7階グランドホールにて、9月2日まで発売されております。
このかっこいいフライヤー、現在、京都高島屋さま一階ゆとりうむKi-Yan Stuzioブースにて、割引券付きで、絶賛配布中でございます!!
この機会に是非、京都高島屋へ、足をお運びください!

キーヤン ダイアリー 雑誌掲載“ひととき”東海道・山陽新幹線のグリーン車

投稿者:

カテゴリー:プレス, Ki-Yan Stuzio

2015.07.20

WEDGE“ひととき”『2015年8月号絶景に出会う隠岐の夏』に、木村 英輝先生が、掲載されました。
【ひととき】
東海道・山陽新幹線のグリーン車全席に1ヵ月間搭載される「ひととき」。 
“知的な旅の提案”をコンセプトとする「ひととき」は、エグゼグティブ層や旅慣れた富裕層の方々から高い評価をいただいています。 
東京~博多を結ぶ経済の大動脈の沿線にはグローバル企業から、日本を支える中堅・中小企業が数多く集積しています。 
「ひととき」に掲載される幅広いジャンルの広告は、グリーン車を利用するエグゼグティブ層のビジネスパーソンが持つ関心事等に、強く訴えることができます。
 この熱き人々  吉永みち子=文 阿部吉泰=写真
ノンフィクション作家の吉永 みち子様との対談で、色々な写真や話の内容が掲載されています!
  
表紙は、こちらになります。
 
先生の睨みが効いています!!
  
読み応えのある内容となっていますので、是非 ご一読して下さいませ。
   
吉永みち子様が、作品について色々質問されていました。
 
7月発売の8月号を、東海道・山陽新幹線のグリーン車に乗られる時や、オンラインストアでご購入して頂き、ご一読して下さいませ。
“ひととき”8月号のご購入は、こちら>>“ひととき”8月号

キーヤンダイアリー〈カメラマンMPさん〉

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ, プレス

2015.07.08

こんばんは!
日本列島に、台風が3つも接近しているそうで、梅雨の湿気も相まって、寝苦しい夜が続きそうですね。
さて、先日の長雨の日、カメラマンMPさんの所へ、作品を搬入して参りました。
MPさんは、木村英輝作品を、第1作から大事に撮り続けて下さっている、ロックなカメラマンさんです。いつもお世話になっております。
先生の画集が、いつも余すことなく、盛りだくさんのボリュームでお送りできるのも、彼のおかげなのです。
さて、今日は。。

(null)
これです。
ご覧になった方は、まだ少ないのではないでしょうか、四季の屏風、本日は、こちらの平置き写真を撮られるそうです。

(null)

(null)

(null)
このように、二階の床に空いた窓から、
見下ろすように、カメラを設置。
いつも、屏風として立てられた姿を見慣れているので、平置きにされた作品を見るのは、新鮮です。
それにしても、この構成。
屏風として、ジグザグに立てたまま、描かれたとは思えない構図です。
もはや野生的感覚ともいえる、先生のバランス感覚には、神がかり的なものを感じてしまいます。。

(null)
ライト、位置の微調整を繰り返し、いざ、撮影!

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)
カメラマンというお仕事は、本当に職人芸。
細やかで綿密なライティング、
各種器具の精密設定に、大道具的、力仕事まで。
初めて目の当たりにする仕事風景に、ただただ感嘆でした。
撮るのは、六曲一双4セット!大量の屏風たちが、次々と撮影されていきました。
これらの屏風は、いずれ、お披露目する機会がございますので、その折には、素晴らしい四季の世界を、どうぞご覧くださいませ。^ ^
壁画や屏風など、平面としての記録として残すことは、とても大変。
いつも東奔西走、お忙しい合間を縫って、壁画の軌跡を追って下さっているMPさん。
今日も、お疲れ様でした!
これからも、よろしくお願いします。!
〈おまけ〉
この写真スタジオには、
先生が京大西部講堂にて行ったイベントで使われた、とある思い出の品がありました。

(null)

(null)
禁煙呼びかけ&喫煙所案内のパネルです。
カメがどことなく、スキンヘッドのロッカーに見えてきたのは、私だけでしょうか。笑(^^;;
自由な発想で、きっと、当時のスタッフさんが作ってくれたのでしょう、これもまた、ロック、なのでした。。