Ki-yan Blog

All posts by 山崎清人

LINE@クーポン配信しました^^

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio

2018.03.09

春うらら~気温が高くなってくると
新しいことにチャレンジしたくなりませんか?

本日キーヤンスタジオLINE@にて「キーヤンスタジオ手ぬぐいで使える」
あいことば(クーポンコード)を配信いたしました^^

対象商品を3500円以上お買い上げで
500円OFFになるお得なクーポンコードです。

キーヤンスタジオの手ぬぐいは飾っても素敵なので
春の模様替え、インテリアの一部に手ぬぐいを飾ってみてはどうでしょう!

対象商品はこちら

対象商品の中には、パチンと簡単に手ぬぐいが
掛軸風タペストリーになってしまう、「舞掛軸」も入っております。

お好きな手ぬぐいを気軽に飾れるアイテムでオススメです^^

LINE@に入ってなかったよーという方は
ぜひこの機会にキーヤンスタジオLINE@にお友だち登録ください

↓こちらから登録できます↓

友だち追加

もちろん!
友だち登録でクーポンコードが送られるようになっておりますよー!

使用期間は16日の金曜日までです。

プレゼントにも最適。飾るのも素敵!
この機会にアートな手ぬぐいを

新年のごあいさつ

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, ART PIECES

2018.01.01


皆さま。
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
心より御礼申し上げます。
本年はなんと、Ki-Yan Stuzioが産声を上げて10年を迎える年です。
10周年YEARとしていろんなことを企画したいと考えてます。
ほかにもRimpaRock part.3の噂もチラホラ!?
盛り沢山の年になりそうです。
本年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!
Ki-Yan Stuzio 祇園本店は明日2日、11時から初売りです。
お正月限定の企画をご用意して皆さまのご来店をお待ちしております。
【2日の営業時間】11:00〜17:30
(*3 日から通常どおり19:00まで営業)

お正月ゲリライベントのお知らせ

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, イベント

2016.12.30

こんばんは。
2017年1月2日・3日の、2日間限定のイベントのお知らせです。
福岡市の老舗百貨店「岩田屋」様の80周年企画「夢袋」にて、木村英輝特設会場が展開されます。
iwataya_th
クリックでPDFが開きます。
「夢袋」とは、、ふだんならありえないことがお正月だけ叶う夢のような福袋のこと。
その内容はなんと!お客様ご希望のモチーフで、木村英輝に直筆作品をオーダーできるという企画。
180cm×50cmの突き板、あるいは総幅116cm高さ175cmの二曲屏風、いづれかの支持体をベースにリクエストを受付致します。
5名様限定、抽選での受付となります。
岩田屋本館7階の特設会場には、
木村英輝直筆の巨大パネルをはじめ、Ki-Yan Stuzio祇園本店でも未公開の新作を含む様々な作品を展示致します。
当日は京都から、山崎が参りますので何なりとご相談・ご質問ください。
なんでも答えます。
お近くの方はかならず、そうでない方は頑張って、ぜひご来場くださいませ。お待ちしております。
※ 尚、木村英輝本人の来場はございません。あらかじめご了承ください。
【会場情報】
岩田屋本店
〒810-8680 福岡市中央区天神2丁目5番35号
Tel:092-721-1111 (代表)
http://www.i.iwataya-mitsukoshi.co.jp/
WEBチラシはこちら >

仙台三越 光の広場にライオン出現!?

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, イベント

2015.03.26

hikarinohiroba800
                              写真はイメージです。
来る4月1日、
円形の吹き抜けで有名な仙台三越 定禅寺通館の光の広場に木村英輝の特大タペストリーが登場します。
80周年を迎えられた2013年の記念としてお話をいただいてから1年以上、ようやくお披露目できる運びとなりました。
モチーフは百花百獣の王、牡丹とライオンを描いています。
百獣に君臨する王といわれる獅子。その無敵の獅子でさえ、ただ一つだけ恐れるのが、獅子身中の虫。我身の体毛の中に発生し、増殖し、やがて皮を破り肉に食らいつく害虫です。しかし、この害虫は、牡丹の花から滴り落ちる夜露にあたると死んでしまいます。
つまり、獅子にとっての安住の地が、牡丹の園なのです。
最近のブログやfacebookで少し紹介したこちらの特大タペストリー。
そのサイズはなんと、たて15メートル、よこ7メートル。
lionpeony_002
lionpeony_003
lionpeony_004
7_001

Ki-Yan Stuzio 期間限定ショップ/仙台三越
期間:4月1日(水)→4月10日(金)
場所:仙台三越 定禅寺通館1階

お披露目に併せて、4月1日→10日、Ki-Yan Stuzio 期間限定ショップを特大タペストリーの前で展開します。
この会期に新商品、仙台三越限定の商品など、販売いたします。
初日の1日には木村英輝先生、本人も会場入り。
図録お買上げの方に、サイン会の開催も予定されています。
たくさんのお客様のご来場をお待ちしております。
ぜひお運びください。
仙台でお会いしましょう。

【掲載情報】Discover Japan

投稿者:

カテゴリー:プレス

2014.09.12

discoverjapan201410cover
discoverjapan201410_1
discoverjapan201410

Discover Japan 2014.10 /////
  グライックアートの先鋭は襖絵にあり!
  京都襖絵物語 〜いま京都は襖絵がおもしろい〜
  単なる美術作品ではない。襖絵に代表される
  障壁画は、空間をつくり、仕切り、開放もできる
  究極のインテリアデザインである。

ワサブローの世界 Avec Ki-Yan

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, イベント

2014.09.12

wasaburo_rihga-1
wasaburo_rihga-2
開業45周年を迎えられるリーガロイヤルホテル京都様にて、23回目のディナーショーを開催されるワサブローさん。
その記念を祝して、木村先生が23匹の鯉を描き、コラボレーション致しました。
そして、チーム木村英輝もブログにて制作の様子をお伝えしていました
ディナーショーの際にワサブローさんの後に飾られる大輪のバラ!
IMG_2316.JPG

IMG_2319.JPG
こちらの作品は、ディナーショーのためだけに制作され、ショー当日お越しになるお客様しか見る事ができません。
さらに、ショー終了後は、なんと
裁断して数量限定のトートバッグに生まれ変わります。
ワサブローさんの歌声を耳に焼き付け、背景だった作品をバッグとして記念に持っておく・・・
素敵な思い出になりそうですね!

リーガロイヤルホテル京都
ワサブローの世界 23rd ディネとシャンソンコンサート
日付:9月25日(木)
会場:春秋の間(2F)
時間:18:30〜21:30(受付18:00〜)
料金:お一人様¥25,000(お食事・お飲物・税金・サービス含む)

新宿タカシマヤ

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, Ki-Yan Stuzio, イベント

2014.04.05

top_shinjuku
来週9日(水)→15日(火)の7日間は、
新宿タカシマヤさんにて期間限定ショップを展開します。
期間中は2階のショーウィンドウに木村英輝直筆のCarpの特大パネルがディスプレイされます。
これは2年前に大阪タカシマヤさんでお客さんの度肝を抜いた?!、Carpのトンネルの1部。
大きすぎてなかなかお見せする機会がないぐらいの特大サイズです。
NanbaTaka-139
(↑「木村英輝の屏風展」でのCarpトンネル)
さらに2階の吹き抜けのウェルカムゾーンには、今回のために特別に制作中の作品を展示します。
flyingcarp
壁画師、木村英輝の数少ない”動かせる”直筆作品です。お見逃しなく。
詳しくは直前にお知らせします。
そして今回は限定商品を販売します!
こちら!
木村英輝×宮脇賣扇庵 コラボ扇子〈Carp is dragon in heaven〉 
DSC_0098
DSC_0103
専用の袋もご用意しています。
色々な図柄をリリースしてきた宮脇賣扇庵様とコラボの扇子、
リクエストの多かったCarpの扇子がとうとう発売です!
いかがでしょう?
Ki-Yan Stuzioの店舗でも販売していませんので非常にレアです。
ぜひこの機会にゲットしてください。
お待ちしています。

産經新聞「新・関西笑談」第5回

投稿者:

カテゴリー:お知らせ, プレス

2014.01.10

sankei_140110
>> 続きをよむ
産経新聞夕刊「新・関西笑談」
“躍動するビートな絵描き 木村英輝”の連載も本日が最終回です。
ご覧ください。
-LINK-
>> 第5回 絵師・木村英輝さん 究極のアマチュアリズムを求め再び筆を…
>> 第4回 絵師・木村英輝さん ロックイベントは次々大成功
>> 第3回 絵師・木村英輝さん 入試中に「この絵!」と絶賛 カリスマ教授のお気に入りに
>> 第2回 絵師・木村英輝さん、小中学の絵画展では賞を総なめ
>> 第1回 「額に入った絵なんて嫌や」躍動するビートな絵描き 木村英輝さん 
産經新聞 田村様 ありがとうございました。