Ki-yan Blog

All posts by キーヤンアシスタント:黒永

【Ki-yan WORKS キーヤン披露宴】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作

2020.02.26

前回ブログ

http://ki-yan.com/ki-yanstuzio/36017.html

で紹介していた白無垢に描いた、見事な赤い鯉たち。

ついにお披露目する時がやってきました。

お恥ずかしい、これ、私が着るのです。

入籍1年9カ月経ってから挙式&披露宴になりました。

今回は、Ki-yanアシスタントが挙げた、広島東洋カープファン夫婦のKi-yan披露宴のご紹介。

派手ですよ。笑

Ki-yanファンのカップルさん、どうぞ、ご参考に!!笑

時は、2019.11.16 土曜 大安。

まずは

大阪城 豊国神社 さまにて挙式いたしました。

もちろん当日はKi-yanご夫妻もご招待&ご参列して下さいました。

(挙式は普通に白無垢でした)

\今日はありがとうございます/

神聖な雰囲気で難しい祝詞を頑張って読むけど噛む旦那。頑張った旦那。

先生も神妙なお顔でした。

マフィアのボスに見えるのは内緒。笑

これが終わったらいよいよ披露宴会場へ!

高砂の金屏風、お借りしました!

カープファンの我々夫婦。

広島東洋カープに沿って紅葉の金屏風をお借りしました。

頭を垂れる稲穂とたわわみ実るリンゴもあり、とっても縁起がいい。

もう無地の金屏風には戻れない。。笑

そしてパン皿はKi-yan Stuzioのお皿をチョイス。ゲスト様にお土産に持って帰って頂きました^ ^

もちろんCarp is Dragon in Heaven.

角が立たず円(縁)あるお皿、という事で丸皿にしました。

メッセージカードもKi-yan仕様でした。

いよいよ披露宴始まります!

先生はもちろん、新婦側の主賓!

ご挨拶ありがとうございました!

新郎は先生みたいにステージに慣れていないので、でっかいカンペ作ってました。笑

楽しくお食事と談話は続き、いよいよ。。

お色直し再入場の時が!!!

いきますよーーー!!!

ドーーーーーーーン!!!!!

旦那ちゃんがまさかの太閤さん!なのも見てあげてください。

ド派手お色直しになりました。笑

我ながら、こんなにみんなビックリしてる再入場、見たことない。笑

紅白の鯉たちがずっと一緒にいてくれました。

そしてそして、私、新婦側からの、皆様へのプレゼントは。。

琳派ロックでお世話になっている京都のDIVA、

Yammy*さんの歌声でした。琳派ロックのために描かれた青いバラのドレスをお持ちくださいました!ありがとうございました!幸せなひとときだったーーーーーーー!!!!

胸いっぱい、感極まって披露宴お開きか?

いや、まだやりましたよ。

大阪城の前で赤風船飛ばしました。

(この写真の方が着物夜よくわかりますね!)

あっという間の、ど緊張な一日が終わりました。

最後のお見送りでは、Ki-yan Stuzioの手拭いと、紅葉まんじゅうがプチギフト。

何から何までKi-yanで広島でカープな披露宴となりました。

こんなKi-yan尽しな結婚式!

先生はレンタル出来ないですけど!!笑

屏風や着物、ギフト、何から何まで個性的でパワフルな物になりました。

これから式を考えているKi-yanファンな、そこのお二人!是非是非、ご参考に^ ^

そして最後に、すべてのアイデアを完璧に実現してくださったのは、

大阪城西ノ丸庭園大阪迎賓館の皆様

お料理も拘りをすべて叶えて頂き、スイーツもサイコーでした。本当にありがとうございました!

大阪のど真ん中でレトロ和式婚、お城に負けない迫力は、Ki-yanグッズにお任せー?!なんて。

大阪城 豊国神社 HP

http://www.osaka-hokokujinja.org/

大阪城西ノ丸庭園大阪迎賓館 HP

https://www.osakacastle.jp/access

シンガーソングライター Yanmy* HP

https://www.yammy.jp/

Ki-yan Stuzio HP

http://www.ki-yan-stuzio.com/

【おまけ】

せっかく皆んなにも筆を入れていただいた大事な打掛。

かっこよく撮って頂きました!

サインは

Just Be Happy.

ただ幸せであれ。

先生ありがとうございました!

これからも夫婦揃って仲良く右肩上がりの苦労なし!目指します。

Ki-yan WORKS【神奈川県箱根町 底倉の湯 つたや旅館 後編】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2019.11.26

前編ブログ

http://ki-yan.com/ki-yanstuzio/35830.html

こんばんは!

箱根、底倉の湯 つたや旅館での制作二ヶ所目、

大浴場階のエレベーターホールの制作スタートです。

こちらの壁画のリクエストは、

タヌキと瓢箪。

秀吉が湯治に来ていたと伝説の残るこちらの温泉。

秀吉の六瓢箪にちなんだ瓢箪と、

信楽のタヌキよろしく、お酒を入れた瓢箪を持つタヌキのイメージでタヌキちゃんをご希望でした。

\信楽タヌキそのままはなぁ。。/

蔓を伸ばす瓢箪と、野生のタヌキちゃんになりました。

なんなら瓢箪からお酒出てます。飲み放題です。

(あれ、信楽タヌキのお酒は売り物のはず。。タヌキは小坊主のはず。。笑)

ヤンチャで可愛いタヌキちゃんたち、続々登場

して行きます。

フワフワ。。^ ^

銀の瓢箪もとってもエレガントです。

もちろん見所はタヌキだけにあらず。

瓢箪も圧巻です。

描き終わった後も勝手に伸びて実が出来ていそう。

階段で大浴場に降りてくる方は、瓢箪に導かれてタヌキにお出迎えされます、これは楽しい^ ^

エントランスの階段、大浴場のエレベーターホールと、それぞれ大作となりました、つたや旅館。

サインを入れて完成です!

“The Taikoh’s Hyotan.”(太閤の瓢箪)

秀吉がお風呂でタヌキちゃんとお酒飲んでいる風景が見えたような見えなかったような。笑🍶

みんなでワイワイ笑顔になれる大浴場になりそうです^ ^

先生!チームキーヤン、長らくの箱根の旅、お疲れ様でした!

清々しい大自然と美味しい空気に癒された出張でした。。

温泉には、今度はプライベートで来ようと思ったアシスタントなのでした^ ^

是非!

箱根にお越しの際は、名湯を楽しみにお立ち寄り下さい!

【底倉の湯 つたや旅館】

神奈川県足柄下郡箱根町底倉240-1
0460-83-9580
info@hakone-tsutaya.com

https://hakone-tsutaya.com/

Ki-yan WORKS【神奈川県箱根町 底倉の湯つたや旅館 前編】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2019.11.26

底冷えするような朝が遂にやってきましたね。

秋から冬へ移る香りが朝露に混じって鼻をさしてくる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

チームキーヤンは、慰安旅行のために箱根へ!

やってきました箱根。

今回は、老舗旅館をリニューアルして新規オープンされるとのことで、

エントランスと大浴場前のエレベーターホールのご依頼です。

お気づきの方も多いと思いますが、木村英輝の壁画はエントランスが大得意。扉を開けたときに目に飛び込んでくる華やかさは群を抜いています!

今回のブログは、エントランスをご紹介したいと思います。

川辺へと降る形で、旅館は作られており、どんどん階段を下っていきます。

ここがキャンバス。

ここです!

白くてちょっと寒い感じのするコンクリート造り。

リクエストは、つたやの名を取って、ツタ。

下に誘うように、ドンドン伸びていきます。。!!

壁の色や、フロントロビーまでの間に、色の表現も変えて、下に降りるたびに明るく暖かい印象に。。🍁🍁

階段から差す日が金の縁をキラキラに輝かせます🤩

/よし、ええやろ。色入れて行こうか。\

はい!

金を入れるたびに、色を入れるたびに、生き生きしてくるツタ。美しい!

紅葉しているところには、

ほんのり印影も。。

温かな赤い葉が、扉の周りをくるっと囲います、

ツタがようこそ!と言ってくれているようです。

まずはエントランス、完成です!

タイトルは“The Ivy, Connecting Lucky.”(幸運を繋ぐ蔦)

最近は海外から日帰りで箱根に訪れる方も多いそう。

世界から日本を目指して来た旅人たちの、交流の場に、華を添えられたら良いな。。

まずは一ヶ所目、お疲れ様でした!

レトロでお洒落な、つたや旅館さんの詳細は、

以下hpにて!

【底倉の湯 つたや旅館】

神奈川県足柄下郡箱根町底倉240-1
0460-83-9580
info@hakone-tsutaya.com

https://hakone-tsutaya.com/

Ki-yan WORKS 【京都 肉割烹 和蔵義】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2019.11.23

こんばんは!

皆様ご存知、

京都は平安の時代より、碁盤の目の如く敷かれた縦横の通りが直角に交わり、市内は整備されています。

今回の舞台は、

烏丸蛸薬師西入ル。

は?なんて?

からすま たこやくし にし いる。

これが住所です。

烏丸通(南北)と蛸薬師通(東西)が交わる角を、西に入った区画

という意味です。滋賀県出のアシスタント黒永、初めて京都の住所聞いたときはなんの暗号かと思いました。笑

ここです。

又の名を、室町蛸薬師東入ル。。

ああもうやめときます。笑

とにかく蛸薬師通なのです。

スキンヘッドの薬剤師を思い浮かべてしまいますが、今回はその話は置いておきます。

今回お邪魔するのは📌ピンのところの、

肉割烹 和蔵義(わくらぎ)さま。

その通りの名を借りて、今回のモチーフは。。

タコ🐙です!!!

趣ある古い町屋を改装して作られた、

おしゃれで高級感あるレストラン。

二階席への階段に、大きなタコちゃんが2匹。

どーーーーんと登場です。

密かに?”いつかタコがメインの壁画のお仕事こないかな。。”とワクワクしていた私は大はしゃぎでした。先生のタコは大迫力です!

今にも動き出しそうです。

ニョロニョロ。。

一階のカウンターからチラリ。。

妖気と色気が半端ないタコちゃんです。

続きまして二階の奥の部屋からパチリ。。

すごいでしょ、SFのクリーチャー感すらあります。

一つずつ丁寧に仕上げた吸盤と、大胆な足の動きに痺れます。。

タイトルは“The Octopus Steps.”そのまま、タコの階段、です。🐙

なんかすごく素早そうです。🐙💨💨

タコを描かせて頂きましたが、

こちらは上質な牛肉を使った懐石を楽しめる大人の隠れ家的なレストラン^ ^

是非ぜひ、京都の真ん中で、しっぽり肉料理なぞ。。^ ^

先生、チームキーヤン、お疲れ様でした!

京都 肉割烹 和蔵義 さまHP

https://www.wakuragi.kyoto/

Ki-yan WORKS【京都 ロイヤルツインホテル京都八条口 】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2019.11.21

こんばんは!

外での制作もついにダウン必須になって来ました。

と言っても今回は近場、京都駅前の立派ない新築ホテル、ロイヤルツインホテル京都八条口さまにお邪魔しております。

外溝も内装も工事真っ只中!な現場です。

こういう現場での制作、黒永は実は好きです。職人さんのやりとり見てるのが。笑

さて、いらん話は置いておいて。

今回はデザインがカッコいい石造りのエントランスが舞台。

モザイクのような大胆な壁です!

モノクロの石の中に、漆黒の鉄板が並んでいます。。そう、ここにだけ描くのです。

ここに描いて先生の大胆さが。。

出た。。。

別世界に誘うように窓から手招いているような竹たちが出現。

壁一面に描くのとは違う広がりが出て来ました。

鉄板の黒がとても美しく濃いので、

色も合わせてモノクロに。ハイライトはシルバーになりました。時間に合わせて表情も変わります。

自動ドアから、風除室を通り、フロントへ。

この一連の流れが完璧。とってもシャープでカッコイイです。

1日半で完成しました。

お疲れ様でした!

今回はシンプルさを重視してタイトルは無し。

そう、Don’t think,FEEL です。

タイトルは皆様のお胸に中に。。

なんの話だ。。笑 ゲホ。

ロイヤルツインホテル京都八条口さまHP

https://www.rthk.jp/

【試泊にスタッフがお邪魔しました!】

鉄の竹が!

シルエットがカッコイイです!

とても幻想的な空間。。^ ^

これはお客様にもご紹介したいな。。と思うアシスタントです。

Ki-yan WORKS 【Red Carp色打掛】

投稿者:

カテゴリー:Ki-Yan Stuzio

2019.11.16

こんばんは!

沢山の壁画出張の中、合間を縫ってスタジオでの依頼品にも精を出す木村先生。

今回は。。

これ。

白無垢でございます。(いや、白無垢に色塗るから色打掛か。。?)

実は今までも

こんなのや

こんなのや

こんなのなど、着物には沢山描かれてきました(これは日本舞踊の衣装としての白無垢!)

他にも色々あるのですがそれはまた今度。。

今回は下書きでも分かる通り、

コイです!

実際に着てみて、立体的に描きこんでいきます。

\こっからこう昇っていくようにしよう。

前身頃どの辺まで見えるかな。。

(なんで先生、紙に描いてるみたいにスラスラ描けるんだろう。。)

あっという間に、沢山のコイたちが白無垢に泳いでやって来てくれました🐟🐟💨

トルソーは今回は私です、160センチ弱。

背中きら回り込んで来た子や袖に昇る子、合わせて15尾。今回は本当に婚礼衣装なので、割り切れない数字です。

早速塗って行きますよ!

コイ15尾ともなると結構細かい作業、、黙々描いて行きます。(※本当に、黙々と、がぴったりなため、他に書くことないですごめんなさい。。黙々と精魂詰めてやりました。。)

まずは金の縁完成!

/バランス悪いしもうちょっと足そうか\

ここ汚れてるやん!足すわ。。

色々あって、当初よりも増えての15尾でした。笑

大分色が入って来ました!

今回は紅白でおめでたくするため、

黒コイは無し。(黒星なし、くろうなし!)

(実は赤コイだけな理由はもう一つありますが、それは後ほど。。!)

陰影が入って、いよいよ泳ぎ出したコイたち!

Just Be Happy (ただ幸せであれ!)

赤いコイたちが踊る色打掛、完成です!

波打つ白無垢に泳ぎ出したコイたち、

居なくなるのは困るけど、今にも飛び出しそうです。

あとは式を待つだけだから、ちょっとだけそこに居てよね。。お願いよ。。

(式は無事完了、了承得て掲載しております)

【おまけ】

実は依頼主はカープファンなので

赤いコイだけなのでした!

え。。?

KAYO。。?

そう、何を隠そう、白無垢依頼主は

私、黒永佳代でございます🙇‍♀️

この度、入籍から遅れること2年弱、

ようやく挙式披露宴を行うことになりました!

ひえええー!!!

カープ色満載Ki-yan色満載の披露宴の様子、

次回公開です!

お楽しみに!(え?!いらん?!いやいやKi-yanファンのカップルさん!これは見て!参考にして!笑)

\え、嘘やんこれ撮られてんの?!/

Ki-yan WORKS 【大阪 西梅田 メッドセルクリニック大阪 後編】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2019.11.04

前編ブログ

http://ki-yan.com/works-article/35871.html

前編ではエントランスの美しいカーブの壁に描いた水蓮をご紹介しました!

今回はその奥!

2室のパウダールーム、1室のレストルームをご紹介^ ^

こちらも、素晴らしい壁!

スイレンのある純白な壁とは違って、こちらは柔らかなサーモンピンク。

完璧な手作業で生まれた微妙なマーブルの表情も素敵。

インテリアデザインにあたって、アドバイザーS様が最も気を使ったのは色遣いとのことでした。

風水でも、お手洗いには紫のお花がいい。。とのこと。

先生「わかった!」

お打ち合わせでも、ここだけは変わらない強いお気持ちでのご依頼でしたので、先生も同じくらい強い気持ちで二つ返事でした、頼りになる〜!

ということで、

一番奥のお手洗いは、、

ラベンダー色のカトレアが鎮座することになりました(ややこしい)

湿気をよく吸って定着抜群の壁は、

絵具の繊細な色も美しく表現してくれます、終始、職人さんの技に感動しながらの制作でした。

ということは、他のお部屋も紫色かな。。

な訳ないのがKi-yanSTYLE。

エメラルドとオレンジです。最高です。

はーたまらん色遣いです、エメラルドのね、色のわけ方とかね、もうね、モルディブかと思いますよね。金の縁と合わさったら、もうね、ツタンカーメンですよね

。。落ち着きます。

制作2日目、

葉の色はブロンズです。

あーもうね、たまらんですね、ピンク色の大理石のような壁にね、赤胴色とかね。。

。。。落ち着きます

カトレア三姉妹のお化粧も順調です🌸🌼🌹

中央にはラメを施して、キラキラと七色に光る作品に。。

モードなお姉さんが、まつげの先にホログラム乗せているように見えるのは私だけでしょうかね。

最後に、花の美しさと芳しさにつられて、可愛いチョウチョもやって来ました^ ^

制作3日、あっという間に、前回紹介した水蓮たちと合わせて完成です!

先生、チームキーヤン、お疲れ様でした!

メッドセルクリニック大阪HP

http://mc-cl.jp/

【そして後日】

内覧会にご招待していただき、

美しいインテリアと共に、パウダールーム、レストルームは堂々の完成です!

鏡と間接照明の反射が素敵!

なかなか部屋から出られない方が増えるかも。。^ ^

鏡越しに、壁画とツーショットも撮れます^ ^

最後にみんなで記念撮影。

頼もしく凛々しい院長さまと、明るく優しいスタッフさんに、日頃のお疲れと、迫りくる肌のトラブルはお任せして、壁画の色彩で脳内に刺激を与えて!ガッチリ若返ってリフレッシュしてください。

Ki-yan WORKS【大阪 西梅田 メッドセルクリニック大阪 前編】

投稿者:

カテゴリー:壁画制作, お知らせ

2019.11.02

こんばんは!

11月に入りましたが、いつもよりなんか。。ぬるい?

不思議な秋ですね。

今回は、京都のお隣、大阪にて制作です。

梅田ではお馴染みのお出かけスポット、ハービスプラザさんに新設された西梅田クリニックモール内、メッドセルクリニック大阪さまが舞台。

再生医療という、自身の皮膚から培養した細胞で皮膚の活性化を促したりされるそうです。

(完全な素人無知コメントですみません、以下urlでお確かめください!すごいんです!)

メッドセルクリニック大阪さまHP

http://mc-cl.jp/

クリニック内はリラックスするための心遣いと、センスあふれるインテリアが沢山!

治療室へ入るまでの美しいカーブのかかった壁と、

パウダールームとレストルームに描きます。

まずはエントランス制作をご紹介。

美しい白壁です。。左官職人さんの技が光るこの壁に描くのは緊張でビリビリしました。

先生の作品が乗っかると思うとすごく楽しみです。

これは消さない&やり直さない木村英輝壁画にしか出来ませんね。先生かっこいい。。!

白くてツルツルの美しい壁には、

ブロンズ色の絵具で縁取りを取ります。上品だ!

こちらがロビー側。左の壁の向こうの治療室があります。

カーブを曲がると勝ち草と言われるオモダカがお出迎え。

制作は進みます。

途中で

カメラマンさんに撮っていただいたり

タイムマシンのような最先端の睡眠促進マシンで休憩してみたり!

3日間と短い制作期間ながら、とても濃い時間を過ごしたような。。

院長、スタッフの皆様にも筆入れしていただきました^ ^

塗り方にもそれぞれ個性が。。^ ^

皆さまとっても綺麗に楽しく塗っていただけました!

皆様のご協力もあって、

スイレン早々に完成です!

タイトルもシンプルに

The Waterlily Pond.(水蓮の池)

間接照明のパワーと美しい壁の魅力も合わさって、本当にぷかぷか、水辺に浮いているようです😊

まずは一ヶ所目完成です!

次回後編は、

パウダールームの壁画をご紹介。

パーソナルで、でも空間がとっても広がる作品、お楽しみに!